仕事と転職活動の両立はもう疲れた…在職中の転職活動が辛い理由は何?

現在、仕事と転職活動を両立している方で

「仕事と転職活動の両立は辛い・・・」

「仕事が忙しくて、面接の日程調整が難しい・・・」

「仕事で疲れて、必要な書類を書く気にならない・・・」

「企業研究をするのはもう疲れた・・・」

と感じている方は少なくはないのでしょうか。

仕事と転職活動を両立するというのはストレスの度合いが高く、普段よりもイライラしやすくなったり、仕事に集中できなくなったりする人が多いのではないかと思います。

今回は、仕事と転職活動を並行して行う場合のストレスについて考えていきたいと思います!

スポンサーリンク

仕事と並行して行う転職活動のストレスって何がある?

仕事を行いながら転職活動を行うというは、単純に考えると、神経を使う時間が普段よりも長くなると考えられます。

そこでまず、仕事と並行して行う転職活動において、神経を使うこと、ストレス原因となるものにはどのようなものがあるか考えてみましょう・・・。

・情報収集や書類の作成

・日程調整

・面接

大きく分けてこの3つではないでしょうか。

情報収集や書類作成

情報収集とは、主に企業研究や企業探しなどのことを指します。

情報収集をして、思うように情報が手に入らなかったり、自分の求める企業が中々見つからなかったりすると、応募すらできなく転職活動を進めることができません。

転職活動を進まなかったら、どんどんと時間だけが過ぎ去っていき、焦りや不安も持つようになりモチベーション低下にもつながります。

次に、書類作成とは、職務経歴書や履歴書などの面接前に提出する書類の作成のことです。

職務経歴書や履歴書は一度作ってしまえば、ある程度は使いまわせますが、応募ごとに自己PRを修正したり、企業によって志望動機を修正していると思ったよりも書類の作成に時間が取られます。

特に仕事と並行して行う転職活動だと、仕事が遅くまでして帰りが遅い日は情報収集や書類作成をする気力が起きない・・・なんてこともあると思います。

仕事と並行して行う転職活動において、情報収集と書類作成は十分にストレス原因となりえることがわかります。

日程調整

転職エージェントに登録している方は、日程調整などの企業への連絡はエージェントの方が行ってくれるとは思いますが、直接応募をする場合、企業とのやりとりはすべて自分で行わなければなりません。

企業やエージェントとのやりとりも神経を使うことの1つですが、やはり仕事との兼ね合いを考えながら日程を調整しなければならないということの方がストレスになるのではないかと思います。

例えば、今繁忙期だから仕事の目処が立てづらいという時に、面接日程の調整が入るとどちらを優先すべきか迷ったり、応募企業から平日しか面接ができないと言われると、どの日時に入れようかと、調整に困ったりします。

なので、たとえ忙しくても仕事との兼ね合いを考えながら日程調整をしなければならないのは精神的な負荷があるものだと考えられます。

面接

今日仕事が終わったら面接か・・・

面接というのは誰でも緊張するものです。そして、緊張するということは、それだけ神経を使うということです。

もう面接には慣れたから大丈夫!という方も、自分では気づかないだけで神経は使っていると思います。

あまりいないかもしれませんが、仕事中に、「今日面接で聞かれそうかな・・・」「志望動機はなんて答えようかな・・・」と考えてしまったりしている人もいるのではないでしょうか。

面接時間自体はそれほど長いものではありませんが、面接を受ける時、緊張の度合いが高いことや面接を受ける前まで緊張することを考えると、神経を多く使っていることがわかります。

まとめ

仕事と並行して転職活動を行うのは、人によっては大きなストレスとなりえます。

特に、仕事が忙しい時に転職活動を行っている人は、常に神経を使っている状態で、知らず知らずのうちに、ストレスを溜め込んでいる可能性があります。

ただ、自分で選んだ道でもあるので、一定のストレスは覚悟をして、転職活動を行っていかなければならないのも事実です。

ストレスを溜め込むと体調の変化も起こるので、体を壊す前にきっちり自分の体調にも目を向けながら、健康第一で仕事と転職活動の両立に励みましょう!!

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする