仕事での転勤に伴うストレスとは!?転勤の悩みについて考えてみる

転勤をした人の中で

「仕事が辛い・・・」

「親しい友人と離れて寂しい・・・」

「なかなか、仕事に慣れることができない・・・」

と感じている人が多いのではないでしょうか。

仕事の転勤による環境の変化は、精神的な負担となることも多く、様々なストレスを与えます。

また、転勤する本人だけでなく、それを支える家族の方も新たなストレスを抱えるようになるのではないかと思います。

今回は、仕事の転勤に伴うストレスについて考えたいと思います。

スポンサーリンク

転勤・異動(環境の変化)によるストレスって何?

転勤・異動をするということは、今までの環境とは一変して、新しい環境で仕事をやっていくということです。

その環境の変化は、人に様々なストレスを与えますが、転勤・異動により感じるストレスには一体どのようなものがあるのでしょうか・・・

私は、以下のようなストレスがあるのではないかと考えます。

・仕事の要領がつかめない、今までの仕事とやり方が異なること

・親しい友人と会える機会が減ること

・慣れない場所で生活をすること

このように、転勤に伴うストレスは、仕事の内容から私生活の変化まで幅広くあると考えます。

それでは、1つ1つ見ていきたいと思います。

仕事の要領がつかめない、今までの仕事とやり方が異なること

まず、転勤によりストレスを感じることの1つとして、仕事の内容が今までと異なることだと思います。

転勤する前までは、ある程度、仕事が慣れている状態であり、どのように仕事を進めればよいかということが、感覚的に身についている人が多いと思います。

しかし、転勤することにより、その慣れた仕事が一変して、全く慣れない仕事に変わり、前まで通じていた仕事のやり方が、転勤先では全く通じない・・・なんてこともありえます。

慣れない仕事というのは、始めのうちは要領がつかめず、うまく仕事が進めることができないので、それに対して苛立ちを覚えることもあるのではないかと思います。

また、せっかく慣れ親しんだ仕事をしていた状態から、全く慣れない仕事で0からのスタートになると、そのギャップに辛く感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

親しい友人と会う機会が減ること

会社の人間関係は気を使うことが多く、知らず知らずのうちに気疲れしてしまうことがあります。

そんな中、気を使う必要がない親しい友人と会うことは、気持ちをリフレッシュすることができ、自然とストレスの発散につながっていると思います。

しかし、転勤で遠い場所に行くことになった場合、転勤で親しい友人と会える機会が減ることになり、それは同時にストレスを発散する機会が減ることを意味します。

つまり、今まで気軽に親しい友人と会えていた状況から、転勤を機に、親しい友人となかなか会えない状況になるのは、気持ちをリフレッシュをする機会が減り、ストレスを発散できず、その結果、精神的に辛くなっていくということです。

慣れない場所で生活すること

都会から田舎の方へ転勤する人や田舎から都会の方へ転勤する人など、今まで慣れ親しんでいた場所から一変して、全く雰囲気が異なる場所で生活するようになる人がいるがいると思います。

都会から田舎の方へ転勤する人の中には、「なんだか寂しい・・・」「ローカルルールが面倒くさい」「町の人とのつながりが強すぎる」というように、寂しさ、息苦しさを感じる人がいると思います。

反対に、田舎から都会へ転勤する人の中には、「人が多すぎて窮屈・・・」「都会の人って冷たい・・・」「町が騒がしい・・・」というように、窮屈さや人の冷たさを感じる人がいると思います。

もちろん、新しい場所の生活は、気分を心機一転することができて楽しいと感じている方もいるとは思いますが、慣れない場所で生活するというのは、知らず知らずのうちに神経が緊張している状態が続いて、ストレスを感じている場合があるので注意が必要です。

まとめ

転勤というのは、環境が大きく変化することであり、仕事に慣れることができなかったり、新しい場所の生活になれることができなかったりと、ストレスに感じることが多く存在すると思います。

また、今回取り上げたこと以外にも、転勤に伴うストレスは多くあると思います。

転勤してから、あまりにストレスを抱え過ぎて

「仕事が辛い・・・」

「仕事を辞めたい・・・」

と考えている方は、一度自分がどのようなことに対してストレスを感じているかを整理して、どうすればストレスを感じなくて済むのかということを考えてみてはいかがでしょうか。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする