ベビーシッターの仕事で大変なことは?【仕事のストレス考察】

保護者の代わりに子供のお世話をするベビーシッター。

ベビーシッターは、女性の社会進出が進むにつれ、社会的役割も大きくなりつつある職業でもあります。

また、ベビーシッターは幼稚園や保育園と違い、一人または二人の子供と深く接することができるため、子供が好きな人にとってはもってこいの仕事でもあります。

その一方で、子供を保護者の代わりに面倒を見るということはそれだけ責任も重く、子供が好きなだけでは続けるやっていけない部分もあります。

そこで今回は、ベビーシッター大変さ、辛いことについてまとめていきたいと思います。

ベビーシッターの仕事に興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです^^

スポンサーリンク

子供を預かる責任の重さ

ベビーシッターは、保護者の代わりに大切な子供を預かるので、常に子供の怪我や健康状態に気を遣いながら、子供の安全を第一に考えて仕事をしていかなければなりません。そして、子供に万が一のことがあれば、それはベビーシッターの責任問題にもなりかねません。

また、怪我や健康の悪化などはどんなに気をつけても完璧に防ぐことができないので、たとえ、自分の不注意が原因でなくてもクレームにつながることもあります。

こういった点で、ベビーシッターという職業には大きな責任が伴い、その責任の重さから精神的なストレスを感じながら仕事をしている人もおられるのではないでしょうか。

子供との関係

保護者の代わりに子供の世話をする以上、子供との信頼関係を築いていかなければなりません。

また、たとえ全く言うことを聞かない子供、自分の思い通りにしてくれない子供であったとしても、辛抱強く子供とうまく関係を築く必要があります。

これは、保育業界で働く人にとっては当たり前のことかもしれませんが、子供とうまく付き合っていくことは、ベビーシッターの大変なことであり、やりがいや喜びでもあります。

保護者との関係

子供との関係に続いて、ベビーシッターは保護者との信頼関係も大切になってきます。

ベビーシッターは、幼稚園や保育園と違い、家庭と一対一の関係になるので、それだけ保護者と密な関係にもなるということです。

保護者によっては、無理難題な要望を出してきたり、様々な要望を出してくる保護者もおり、そういった家庭に対しても、保護者はお客様である以上、なるべく要望に応えていかなければなりません。

とはいっても、保護者とベビーシッターの関係は、人と人の関係なので、どうしても相性が合わない保護者もおります。

こういったことから、ベビーシッターの中では保護者との関係で悩まれている方も少なくなく、たとえ相性が合わない保護者でもどれだけうまく付き合っていけるか、信頼関係を築いていけるかが、ベビーシッターにとって大切なポイントとなってきます。

まとめ

今回、ベビーシッターの大変さ、辛いことについてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

はじめにも書きましたが、働く女性が増えてきている昨今では、ベビーシッターの需要はますます高くなっており、これからも社会的に欠かせない職業になるのではないかと思います。

ベビーシッターは、大切な子供を預かる仕事であるため、仕事には大きな責任が伴いますが、その分やりがいも大きく、何より子供と深く接することができる職業です。

また、ベビーシッターは資格によっても収入が左右される職業であるため、ベビーシッターで安定した収入を得たい方は、関連する様々な資格を取得しておく方が良いでしょう。

最後に、ベビーシッターについて「もっと知りたい!」という方は、以下の記事も参考にして、ベビーシッターの仕事の理解を深めてみてはいかがでしょうか。

【保育業界に興味がある方へ】ベビーシッターの魅力とやりがい
働く女性が多くなり、なおかつ公的機関の保育園が不足している状況の中、これからも需要が増え続けると考えられるベビーシッター。 ベビーシッ...
↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする