就活が不安で寝れない方へ!お金をかけず手軽にできる入眠法5選

「就職先が決まらなくて不安と焦りで一杯・・・」

就活のことを考えると途端に不安になって寝れない時はありませんか?

就活はキャリアの分岐点であり、自分の将来の方向性が決まる一大イベントなので、いくら考えないようにしても不安や焦りを感じてしまいますよね。。

そこで、本記事では就活が不安で寝れない時に試してほしい入眠法についてご紹介します。

どの方法もお金をかけず、手軽にできる方法なので、ぜひ気軽に試してみてください^^

スポンサーリンク

就活が不安で寝れない・・・そんな時の入眠法5選

スッと眠りにつくための条件の1つとして、「寝る前にリラックス状態を作る」ことが挙げられ、就活が不安で寝れないのは、不安や焦りで心がリラックスできていないことが大きな原因となります。

ここでご紹介する入眠法は、体や心をリラックスさせる方法でもありますので、就活で不安や焦りで頭が一杯な人は、ぜひ参考にしてみてください!

ウォーキングやジョギングをする

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を適度に行うことで、体を適度に疲れさせて眠りにつきやすくなります。

また、これらの運動を夕方から夜にかけて行うことによって「日中は体温が上がって、夜は体温が下がる」という人の体温リズムをスムーズになり、寝つきが良くなります。

就活のことは忘れて、落ち着いた気分でウォーキングやジョギングをして体をリラックスさせるようにしましょう。

ゆっくりと入浴をする

入浴をすることで、体の芯まで温度を上げることができ、上がった体温は寝るタイミングで下がってきて眠りにつきやすくなります。また、入浴には、1日の疲れを癒して体と心をリラックスさせる効果もあるので、スッと眠りにつくには効果的。

お風呂をシャワーで済ませたり、ササっと入浴を済ませるのではなく、寝る2〜3時間前に就活のことは忘れてゆっくりと入浴をして、体と心の疲れを癒す至福の時間を過ごすと良いでしょう。

寝る前にストレッチをする

「運動は面倒・・・」「運動が苦手・・・」という方におすすめなのが、寝る前のストレッチです。

寝る前にストレッチをすることで、筋肉の緊張をほぐして体をリラックスさせることができるのはもちろん、ストレッチには自律神経の副交感神経を優位に働かせる効果がありますので、体だけでなく心もリラックスさせることができます。

寝る前にスマホやパソコンでゲームをしたり、facebookなどのSNSをする人も多いとは思いますが、寝る前にスマホやパソコンの光を浴びると入眠に悪影響を及ぼすので、その時間をストレッチに当ててみてはいかがでしょうか。

安眠や不眠解消になるツボ押しをする

足の裏、頭、顔、首筋には、安眠や不眠解消のためのツボがあります。それらのツボを押すことで、眠気を誘うことができたり、ぐっすりと眠ることができる場合があります。

ここでは、ツボの細かい場所については割愛させていただきますが、ストレッチと合わせてツボ押しをやることで、効果的に寝つきを良くすることができるでしょう。

寝る前に今日あった良いことを3つ書き出す

これは、個人的にはおすすめの方法です。

寝る前に今日あった良いことを3つ書き出す、または考えることで、心を落ち着かせて寝つきを良くすることができます。

最近は悪いことばっかで、1日に3つも良いことなんてない!と思っている方もおられるようですが、「今日食べた○○はおいしかったな」「今日はエントリーシートを○枚書けた!」といったような些細なことでも見方によっては良いことはたくさんあります。

寝る前に1日の良かったことを考えるのは短時間で手軽にでき、なおかつ就活の不安や焦りを意識から外せる効果的な方法なので、ぜひお試しを!

まとめ

ここまで、就活が不安で寝れない時に試してほしい入眠法について紹介してきましたが、ピンときた方法はありましたでしょうか。

就活への不安や焦りを感じてしまうのはある程度仕方がないことであり、それを根本的に取り除くことは容易ではありません。しかし、取り除くのは難しくても、寝る前だけに絞って頭の意識から外すこと可能です。

今回ご紹介しました方法は、どれもお金をかけず手軽にできる入眠法ですので、寝る前に就活で不安や焦りを感じてしまって眠れない・・・という方は、ぜひ気軽に試してみてください!

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする