断食を行う前に「3日断食」の効果について調べてみました

最近では、女性誌やテレビなどのメディアでも取り上げられる断食。

女優さん、モデルさん、芸能人、経営者の間でも断食を行う人が増えているだけでなく、一般の人の間でも断食が浸透しつつあるようです。

個人的にも、まずは3日断食から実践してみようと考えておりますが、その前に3日断食に期待できる効果について調べたことを本記事でまとめます。

スポンサーリンク

「3日断食」に期待できる効果

断食と一言でいっても、半日断食、1日断食、本断食など、断食の種類はいくつかあります。

どうやら、それぞれの断食に期待できる効果が多少違うようです。

ここでは「3日断食」に期待できる効果だけに焦点を当ててまとめます。

3日断食で「身体が軽くなる」

まず、3日断食をすると身体が軽くなったことが実感できるようです。

確かに水以外口にしない日が続けば、当然のことながら身体の体重は自然と落ちますよね。

どうやら3日目に体重の減少が見られるらしい。

3日断食で「内臓を休ませる」

内臓の消化・吸収の働きには大きなエネルギーが必要だと言われております。

断食で消化器系を休めることで身体内部の器官を休めることができるので、体調回復に役立つそうです。また、体が軽く感じるのも内臓が休んでいることが関係してそうです。

3日断食で「薄味、素材の味を好むようになる」

水分以外補給していない状態から、普通の食事に戻ると、甘み、酸味、塩味などに敏感になるようです。

そうしたことから、普段の味付けがいかに濃いものか気付かされ、身体が自然と薄味、素材の味を好むようになるらしいですね。

3日断食で「普段の食べる量が減る」

断食によって胃が小さくなると、一度に食べる量が減るそうです。

食欲を制御している脳も食べないことに慣れて、少量の食事でも満足になるようです。

また、素材の味を楽しむようになることによって自然と噛む回数が増えるのも食べる量が減ることにつながっているようですね。

3日断食で「日中の眠たくなくなる」

人によっては、断食で日中眠たくなくなる人もいるようです。

仕事中、突然睡魔が襲ってきて仕事に集中できなくなる人も少なくないと思うので、これは意外と嬉しい効果かもしれません。

3日断食で「集中できる時間が増える」

日中眠たくなくなるのと比例して、1日の中で集中できる時間が増えた人もいるようです。

実際、断食で余計な考えが取り除かれて精神が安定するとも言われており、集中できる時間が増えるのも頷けますね。

→「3日断食」のやり方、注意点、必要なものを知りたい方はこちらを参考をご覧ください。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする