断食後の回復食はどんなメニューが良いか調べてみました

断食前の準備、本断食を終え、最後に待ち受けるのが断食後の食事。

断食後に食べる食事(回復食)は、断食の効果を弱めないために重要だと言われております。

回復食を間違えてしまうと、消化不良を起こしたり、リバウンドをしてしまったりと、せっかく断食したのにその努力が水の泡に・・・ということにもなりかねないそうです。

そこで本記事では、断食(ファスティング)後の回復食のメニューについて調べたことをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

断食後の回復食、どんなメニューが良いの?

朝食

断食後の朝食には、断食で不足した栄養を補うために、栄養がたっぷり摂れて、かつ液状のものを選ぶようにすると良いようです

具体的には、

・お粥、重湯

・お味噌汁(具なし)

・野菜スープ(どうしても固形物がほしい場合)

など、基本的には胃に優しく、消化も良い食べ物を選ぶようにした方が良さそうですね。

特にお粥や重湯は回復食の代表的な食べ物らしく、お粥の場合だと塩分補給のために梅干を足して食べるのも良いようです。

また、お味噌汁は、味を薄くするために味噌を少なめにして、初めは具なしにした方が良いようです。

昼食

朝食はお粥や味噌汁だけで我慢したんだから、昼食は好きなものを食べて良いよね!

と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください!

昼食の段階でも、まだ普通食に戻してはいけないようです。

昼食には、お粥や野菜スープ、野菜の煮物といった、穀物や野菜を中心にした食事にした方が良いとのことです。

■断食後の昼食で食べると良いメニュー

・お粥、重湯

・野菜スープ

・野菜の煮物

・味噌汁(具あり)

・湯豆腐

など

夕食

朝食、昼食で食べたいものを我慢してきましたが、夕食になるとついに普通食に戻せるようです!

ただ、普通食といっても、いきなり油ものを食べるのは避けた方が良いらしく、煮魚やうどんなどのメニューから入っていくのが良さそうです。

あくまで、断食後、1日目の回復食は、胃に優しいものを食べるようにした方が良いということですね。

■断食後の夕食で食べると良いメニュー

・煮魚

・うどん・そば

・豆腐料理

など

→胃に優しい、悪い食べ物を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

回復食で食べてはいけないものは?

断食後の回復食で食べると良いものがあると同時に、食べてはいけない物も多くあります。

それが、

・油もの

・甘いもの

・チーズ

・マーガリン・バター

・カフェインが入っているもの

・アルコール類

・大きめの固形物

など、断食で休めた胃腸をいきなり激しく働かせるような食べ物は回復食では食べてはいけないようです。

しかも、食べる量によっては断食前よりも身体の状態が悪化してしまうこともあるらしいので、断食の効果を弱めないためにも回復食には細心の注意が必要ですね。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする