断食は何日まで大丈夫?効果的な断食期間はどれくらい?

「断食をやるからには、効果が出るまで断食し続けたい!」

このように、高い意識を持って断食を取り組んでいるもしくは、取り組もうとしている人ほど、「果たして断食は何日まで続けることができるのか?」「断食の効果は何日から出るの?」ということが気になるのではないでしょうか。

そこで、本記事では断食が何日まで大丈夫なのか、効果的な断食期間について調べたことをまとめます。

→リアルな断食体験談もぜひ合わせてご覧下さい^^

スポンサーリンク

断食は何日まで大丈夫?

まず始めに結論から言うと、断食は3日間までは大丈夫のようです。

確かに3日間何も飲まず食わずだと倒れてしまうと聞きますが、それだけ断食を長期的に行うのは危険であるということですね。

ただ、この3日間というのは水分をしっかり取っていて、酵素ドリンクなどの飲み物で栄養を補充していることが前提となりますので、個人で安全に断食を行うための日数と言えます。

また、断食の限界は人それぞれであり、断食のやり方によっても限界が変わります。たとえば、朝食や夕食だけを抜く、1食断食を行っている場合は限界点も伸びるでしょう。

そして、一般的に3日間を超える断食は医師や専門家の指導のもとで行うべきだと言われているようです。

効果的な断食期間はどれくらい?

やはり断食をするからには効果をしっかりと得たいですよね。そこで気になるのが、どれぐらい断食期間が効果的であるかということです。

調べた結果としては、3日〜5日間が効果的な断食期間だと言われておりました(もちろん、個人差はありますが)。

3日間以上になると、内臓を休めて疲れやダメージを修復できるだけでなく、脳やホルモン分泌機能、神経系の状態の改善されるようになり、体調の回復、体質改善効果が期待できるそうです。

かといって1日だけの断食が効果がないというわけではありません。

たとえ1日であっても、胃腸などの内臓を休めることができるのには変わりないので、大いにデトックス効果が見込めるようです。

もちろん期間を延ばして効果的に断食を行うことも大切ですが、いきなり3日間の断食を行うのは危険ですので始めての方は1日ないし、半日断食から始めた方が良さそうです。

繰り返しになりますが、もし、3日を超える断食を行う場合は専門家の指導のもとで正しく行うようにしましょう!

最後に、「3日断食」のやり方、注意点、必要なものについて詳しく知りたい方はこちらの記事もぜひ参考にしてみてください^^

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする