断食の好転反応の症状は?いつ現れる?期間はどれくらい?

好転反応が現れているということは「断食の効果が表れている証拠」と言われておりますが、具体的にはどういった症状が好転反応になるのでしょうか?

また、断食を始めた後、いつになったら好転反応は現れ、どれぐらいの期間続くのでしょうか?

実際に断食を実践する前にこのような疑問が浮かんだので、本記事では好転反応が現れるタイミング、期間の長さ、具体的な症状について調べたことをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

好転反応の代表的な症状

まず、一般的に言われている好転反応の症状をまとめて紹介します。

身体的な症状感覚的な症状
・腹痛、頭痛、腰痛、肩こり

・下痢、便秘

・関節の痛み

・微熱、寒気

・吐き気、嘔吐

・ニキビ、湿疹、アトピー

・吹き出物、ニキビ

など
・倦怠感、怠惰感

・疲れを感じやすい

・集中力・やる気の低下

・注意が散漫になる

・眠気

・頭が重く感じる

・フラフラする

など

上で見てわかるように、だいたいの不調が好転反応ですね(苦笑)

特に、便秘は好転反応として現れやすい症状であるようです。便秘が現れた場合は、スムージーや酵素ドリンクなどで水分、食物繊維をしっかり摂るようにする必要がありそうですね。

ただ、好転反応の現れ方は人によってそれぞれで、皮膚に症状が現れやすい人もいれば、痛みに出やすい人、便に現れやすい人もいるそうです。

加えて、症状の強さも人によって異なり、普段の不規則な生活をしている人や不摂生な食事をしている人、体力が低下している人ほど、好転反応が強くでるようです。

好転反応が出るタイミングは?

好転反応が出る症状が人それぞれであるように、好転反応が現れるタイミングも人によって違うようです

断食の1日目から好転反応が現れる人もいれば、断食期間中、一切好転反応が現れない人もいるらしいです。

しかし、どうやら断食の準備期間を長くとって、しっかりとやればやるほど好転反応は早めに現れるようですね。

逆にいえば、準備をおろそかにすると好転反応の症状が現れるのが遅くなり、それだけ断食の効果が出づらくなるとも考えられますね。

好転反応の期間はどれくらい?

これも好転反応のタイミングと同様に人によって期間はバラつきがあるようですが、一般的に、好転反応は1日〜3日程度続くようです

この期間は、日頃の食生活にも影響されるらしく、普段から不摂生な食事、栄養が偏りなどで毒素や老廃物が溜まっている人ほど長く続く傾向にあると言われております。

「好転反応の期間が長くて辛い・・・」という人ほど、それだけ断食の反動も大きいということですね。

→好転反応の対処法について知りたい方はこちらをご参考ください。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする