断食の好転反応が辛い..キツイ…そんな時の対処法まとめ

断食中に現れる好転反応は、体に溜まっていた毒素や老廃物などが排出される過程で起こり、断食の効果が出ているサインと言われております。

しかし、好転反応では頭痛、腰痛、吐き気、倦怠感など、心身にあらゆる症状が現れるため、その辛さに耐え切れなく断食を断念してまう人も少なくないようです・・・。

そこで、本記事では好転反応が辛い、キツイ時に効く対処法について調べたことをまとめます。

→リアルな断食体験談を知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい^^

スポンサーリンク

好転反応の全体的な症状に言える対処法は?

まずは「休息を取ること」

好転反応のどの症状にも言えることは「休息を取ること」のようです。

当たり前のことですね^^;

普段の生活でも、風邪や熱がある時や頭痛や腹痛などに見舞われた時は休息を取るのと同じですね。

症状が軽い方は、少し横になるだけでも、時間が経つにつれて症状が軽くなっていくようですし、症状が強い方も同様に無理に身体を動かそうとせず、横になって安静にしておく方が良さそうです。

身体を温める

好転反応の症状が辛い時、身体を温めること血行が良くすることでも症状が改善されるようです。身体の中の血の流れが良くなることでデトックスが促進されて症状が緩和されるそうです。。

あまりに症状がヒドく辛い場合は中断する

症状があまりにもひどく、辛くて身体がもたないと思ったら、断食を中断するのも対処の1つ。

断食を中断する場合はおかゆや具なしのお味噌汁など、胃腸に優しいものを取るようにしましょう。

好転反応の症状に合わせた対処法は?

好転反応で「頭痛」が起きた時の対処法は?

断食の好転反応の症状で多く現れるのが頭痛だそうです。

特に、断食中はナトリウムやカリウムの不足によって頭痛が現れるらしく、そういった時は梅干しや、昆布などで少量の塩分を摂ることで症状が和らぐそうです

また、糖分不足による頭痛の場合は、ハチミツや天然のメープルシロップを摂取すると効果的だと言われております

また、頭痛と一緒に吐き気が伴う場合も多いらしく、そういった場合は先に書いた通りの食べ物を食べて、安静にするのが一番のようです。

好転反応で「眠い」「身体がだるい」時の対処法は?

好転反応では身体的な症状だけでなく、眠気や身体がだるさなど感覚的な症状も現れます。

そういった好転反応で眠くなったり、身体がだるく感じる時には、とにかく横になって数時間休憩とるのが良いようです

加えて、水分をなるべく多く取ることでも気分が少し楽になるようです。

好転反応で「腹痛」「吐き気」が出た時の対処法は?

腹痛や吐き気が出た時は安静にしておくのが重要となるようです。

腹痛、吐き気には「これをすれば必ず治る」という対処法はないらしく、横になって身体を休めるのが症状の改善への近道のようです。

ただ、腹痛や吐き気などの症状は、水分を摂りすぎている時に起きやすい症状であり、未然に水分の摂取量を見直すことが大切だと言われております。

好転反応で「便に異常がある」時の対処法は?

断食の目的の1つに体内の毒素・老廃物を排出することが挙げられますが、それに伴って便の異常も出やすいようです。

脂っこい便やカサカサした便、宿便、便に異常が出た時は下痢止めなどは飲まないようにして、とにかく出し切ることが重要であるようです

下手に下痢止めなどを飲んでしまうと、毒素や老廃物が排出されなくなってしまい、せっかくの断食効果が弱まってしまいます。また、胃腸が休んでいる時に下痢止めなどの薬を飲まないようにすることは断食のポイントとも言えるでしょう。

好転反応で「吹き出物」が出た時の対処法は?

吹き出物が出た場合の原因としては、断食の方法が間違っているか、もしくは断食が体質的にあっていない可能性があるようです。

特に独自の方法で断食を行っている方は、断食の方法が間違っていないか確認する必要がありあそうですね。

→自分の断食のやり方が気になる方はこちらを参考ください。

また、そもそも自分の体の状態が断食自体をしてはいけない状態である可能性もありますので、気になる方はこちらの記事を参考にして、自分が断食を行って良い体であるかどうかチェックしてみてください。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする