消化が良い!胃に優しい食べ物と悪い食べ物をまとめました

「胃が痛い・・・」

「食欲がない・・・」

「胃腸の調子が悪い・・・」

仕事や家庭のストレスなどの様々な理由で胃が弱っている時ってありますよね。そんな時「消化が良い食べ物が食べたい・・・」と思うことはないでしょうか。

実際、消化の悪い食べ物を間違えて食べてしまって、胃への負担を大きくしてしまうのは避けたいですよね。

そこで、本記事では胃が弱っていても食べられる「胃に優しい食べ物」と「胃に優しくない食べ物」をわかりやすくまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

胃に優しい食べ物

胃に優しい食べ物の条件は以下のようになります。

・胃にとどまる時間が短い

・胃腸を荒らさない

・胃への刺激が弱いもの

・食物繊維が少ないもの

これらの条件が揃っている食べ物は、次のようなものが挙げられます。

食べ物の種類主な食べ物
炭水化物おかゆ、蒸しパン、蒸したじゃがいも、煮込みうどん、にゅうめん、など
たんぱく質豆腐、ささみ、鶏のひき肉、白身魚(鯛、かれいなど)、はんぺん、など
野菜大根、キャベツ、カブ、長芋、サトイモ、など
果物バナナ、りんご、もも、など
菓子類ゼリー、カステラ、ビスケット、卵ボーロ、など
乳酸菌ヨーグルト、乳酸菌飲料、など

当たり前のことですが、胃に優しい食べ物だからといって、同じものを毎日食べ続けるのは体に良くありません。

エネルギーを補給するために必要な炭水化物、

胃の粘膜を作ってくれるタンパク質、

体調を整えてくれる野菜や果実、

消化の良い食べ物で便秘を防ぐためには乳酸菌

それぞれをバランス良く摂取できるよう、上の表で挙げた食べ物をピックアップしてみましょう。

胃に優しくない食べ物

胃の状態が悪化してしまうことを防ぐことができますためにも、胃に優しい食べ物に加えて、胃に優しくない食べ物を知っておきましょう。

食べ物の種類主な食べ物
脂っこいもの揚げ物、スナック菓子、天ぷら、など
甘いものケーキ、あんこ、チョコレート、など
食物繊維の多いものごぼう、セロリ、たけのこ、生のニンジン、キャベツの芯、など
刺激が強いものペッパー、カフェイン含まれるもの、など

脂っこいものが消化しずらいことのは想像通りかと思いますが、それに加えて、刺激が強いものや甘いものは胃の粘膜を刺激して負担がかかってしまいますし、腸に良いと言われる食物繊維も摂取をしすぎると胃に負担がかかってしまいます。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする