朝、夫や子供を見送った後に二度寝しない方法4選|専業主婦生活にメリハリをつけよう!

夫や子供を送った後、ついつい二度寝をしてしまうことはないでしょうか?

家事や子育てに追われる日々の疲れから、体を休めるためにちょっと寝るつもりが、いつの間にか昼になっていた!なんてこともあるのではないかと思います。

また、「もう二度寝はしない!」と頭の中で誓っても、結局二度寝の誘惑に負けてしまい、二度寝をした後に「またやってしまった・・・」と後悔することもあるのではないでしょうか。

そこで、本記事では、朝に夫や子供を送った後で二度寝しない方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

朝、夫や子供を見送った後に二度寝しない方法4選

朝の楽しみを用意しておく

朝に楽しみを用意しておくことで、二度寝を防ぐことができます。

たとえば、夫や子供を送った後に家事をして、その後に自分の好きな〇〇をしよう!と決めておくことで、自由な時間を二度寝をしないで楽しく過ごせます。

用意しておく好きなことや楽しみとしては、

・録画しておいた番組やDVDを見る

・好きな本を読む

・朝に楽しいスポーツをする

・好物を食べる

など、自分が楽しいと思えることであれば何でも構いません。

二度寝なんかしてられない!と思えるような楽しいことを行うことで、メリハリのついた朝を送れることでしょう。

朝活を活用する

最近では活動的な朝を送るために、若い人からサラリーマンまで幅広い人たちが朝活を行うようになってきましたが、実は、朝活を行う主婦も急上昇中だとか。

朝活といえば、交流会やセミナー、勉強会、読書会などをイメージする方も多いかと思います。もちろん、そういった朝活に参加するのも良いのですが、最近は「朝ヨガ」や「朝食会」といったものもあり、勉強会やセミナーなどが苦手という人は、自分の性格や趣味にあった朝活を見つけて参加してみると良いです。

そして、朝活に参加することで、二度寝をしようなんて気は全く起きなくなるでしょう。

二度寝はしないと夫や子供に宣言する

自分の中で「二度寝はもうしない!」と誓っても、結局二度寝の誘惑に負けて誓いを守りきれないことが多いのではないでしょうか。

そういった時、自分の逃げ道をなくすという意味でも、夫や子供に二度寝をしないと宣言しておくことで、気が引き締まって二度寝を減らすことができます。

家族に二度寝をしないと言った手前、二度寝をしてしまうというのはカッコ悪いですし、二度寝してしまったことを家族に報告するのは嫌ですよね?

ついつい二度寝の誘惑に負けてしまいがちの方は、ぜひ家族に二度寝はしないと宣言してみましょう!

なぜ二度寝をしない方が良いか書き出す

そもそもなぜ自分は二度寝しない方が良いと考えているのでしょうか。

家事が進まないからでしょうか?

睡眠リズムが乱れるからでしょうか?

したいことができないからでしょうか?

二度寝の後に罪悪を感じるからでしょうか?

おそらく、頭の中では二度寝をしない方が良い理由がなんとなくわかっている状態ではないでしょうか。そして、その理由は、人によってそれぞれだと思います。

二度寝をしてはいけないという意思の確認の意味も込めて、二度寝をしない方が良い理由、つまり二度寝のデメリットを書き出してみて、今一度自分に問いかけてみましょう

ちなみに、その時にメリットも書き出しても良いと思いますが、おそらくメリットは「気持ちいから」「夢の続きが見れそうだから」といったところではないでしょうか(苦笑)

まとめ

本記事では、朝、夫や子供を送った後に二度寝しない方法をご紹介しましたが、何かピンときた方法はありましたでしょうか。

確かに、二度寝は気持ちよく、その時は幸せな気分になれます。

しかし、二度寝をして受動的な朝を送ることによって、睡眠リズムに支障をきたす可能性があるのはもちろん、精神衛生的にも良いとはいえません。

家族を送った後、ついつい二度寝をしてしまう方は、今回ご紹介した方法を参考にして頂き、ぜひ気軽に試してみてください^^

そして、朝の生活にメリハリのつけて1日を豊かなものにしていきましょう!

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする