【中高校生・学生向け】朝の二度寝を防ぐための対策法7選

「まだこんな時間か・・・あと10分だけ寝よう・・・」

朝起きた時、ついつい二度寝してしまって、学校に間に合うか間に合わないかギリギリの時間になることはないでしょうか。

二度寝は、気持ちよく、その時は幸せな気分になれますよね。

しかし、二度寝した後、体がだるくなって、学校に行く気がなくなるなんてことはないでしょうか。

ひどい場合だと、二度寝の習慣がついてしまって、学校に毎日のように遅刻してしまったり、学校を休んでしまうこともあるかと思います。

そこで、本記事では、中高生、学生向けの二度寝を防ぐための対策法についてご紹介したいと思います。

二度寝を防ぐための対策法7選

学生で「お金がない・・・」という方でもできるように、これからご紹介する対策法のほとんどがお金をかけず手軽にできる方法なので、ぜひ気軽に試してみてください^^

まずは起床時間と就寝時間を整えよう!

これは基本的なことですが、実践するのは難しいことですね。

起床時間や就寝時間がバラバラだと、体の睡眠リズムが崩れて睡眠の質が低くなってしまいます。例えば、夜遅くまでゲームをやって夜更かしをしてしまうと、その分朝が辛くなります。他にも土日だからといって、朝遅い時間に起きると、平日で整えられた睡眠リズムが崩れて、月曜日の朝がきつくなったりします。

平日、休日関係なく、起床時間と就寝時間を整えることで、睡眠の質が高まり、それに伴って、二度寝を防ぐことができます。

お風呂はシャワーで済ませず、入浴するようにしよう!

実家暮らしの中学生や高校生だと、お風呂を沸かして入る人も多いかと思いますが、1人暮らしの学生の中では、お風呂をシャワーで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな学生におすすめなのが、「入浴」です

入浴することによって、体を芯から温めることができ、上がった体温が下がるにつれて、自然と眠たくなり、夜更かしを防ぐことができたり、寝つきが良くなります。

また、入浴をすることによって、1日の疲れを癒して体と心をリラックスさせることもできるので、より質の高い睡眠が得られます。

目覚まし時計やスマホは、布団から出なければ届かないところに置こう!

目覚ましをセットしたは良いものの、目覚ましで起こされた後、すぐにその目覚ましを消して、再び寝る・・・といったことはないでしょうか。

それを防ぐ方法の1として、目覚まし時計やスマホを布団から出なければ届かないところに置くという方法があります。

目覚ましを消しに布団から起き上がってしまえば、二度寝をしてしまう可能性も減りますし、起きてからベッドの中でスマホをいじって、そのまま二度寝するといったことも防げます。

また、寝る前にスマホをいじってからそのまま寝るという方も多いとは思いますが、寝る前にスマホの画面を見ることは、睡眠の質が低下する原因にもなってしまいます。そして、スマホを遠くに置くのは、寝る前のスマホ操作を防ぐことにもつながります。

朝起きたら、カーテンをあけて朝日を浴びよう!

朝日には、睡眠ホルモンと言われる「メラトニン」の分泌を抑える働きがあり、朝起きたら、カーテンをあけて朝日を浴びることで、スッキリとした目覚めになります。

寝る前に水を取って、起床後はコップ一杯のお水を飲もう!

寝る前に水を飲んでおけば、起きた時にトイレに行きたくなって、自然と体が起き上がります。

また、寝ている時は想像以上に体内の水分が奪われているので、起きてからコップ一杯の水を飲んで水分補給をすると良いです。そして、飲むという行為は、体を目覚めさせることにもつながります。

朝食はしっかり取るようにしよう!

1人暮らしの学生などは朝食を抜きがちですが、朝食は食べる習慣をつけることによって、二度寝を防止することができます。

朝食は、エネルギーの補給ができるだけでなく、朝食を取ることによって胃が活発に働いて、脳を覚醒状態に向かせることができます。

学校に行く直前まで寝ていたい・・・という方も多くおられるかと思いますが、朝食はしっかり食べるようにしましょう。

朝ごはんは好きなものを食べよう!

朝ごはんには、なるべく好きなものを食べると良いでしょう。

朝、自分の好きなものが食べれるとなれば、睡眠欲よりも食欲が優先されることがあり、二度寝を防止することができます。

つまり、欲(睡眠欲)と欲(食欲)を戦わせて食欲が勝つように、朝ごはんに好きなものを用意するということです。

ちなみに、私の場合は、朝マックが好きだったので、「朝マックを食べるために早起きをしよう!」というルールを作っていた時期がありました^^

どうしても二度寝が防げない方はサプリメントを活用してみよう!

何をしても二度寝が防げない、お金を少し使ってでも二度寝を防ぎたいという方は、サプリメントを活用してみるのも1つの手です。

そもそも、二度寝をしてしまう大きな原因は良質な睡眠がとれていないことが挙げられ、熟眠感が得られれば自然と二度寝を防ぐことができるわけです。

ちなみに、ここでは熟睡できて、かつ寝起きの爽快感が期待できるサプリメントは以下のようなものがあります。

◆商品名:爽快α

◆説明

お茶などに入っているL-テアニンという成分が含まれており、L-テアニンは夜中に目覚めてしまう「中途覚醒 」を減らしたり、睡眠時間の延長感、起床時の疲労感を軽減させる効果が期待できます。

初回限定で、サプリメント30日間分を2000円弱(約66/日)で買えるコースもあります。

◆おすすめする人

・忙しくて、手軽に二度寝対策をしたい人

・寝ても疲労がとれず、二度寝をしてしまいがちな人

・疲れているはずなのに、眠りが浅い人

何よりも「起きたい理由」を作ることが大切

授業は面白くないし、学校自体も面白くない・・・といった理由から学校に行くのが面倒になってついつい二度寝をしてしまっている人も多いかと思います。

二度寝を防ぐにあたって、「起きたいと思える理由」を作ることが大切です。

先ほど出てきましたが、朝ごはんに自分の好きなものを食べるというのも、朝起きるための理由になり、二度寝を防ぐ対策になります。

他にも、朝自分の好きな番組を見る、朝に読書をするようにする、ダイエットのために早起きして運動をするようにするなど、起きるための動機を作ることは、あと10分だけ寝よう・・・といった状態をなくすことにつながります。

なので、二度寝を防ぐにために、まずは起きたい理由を作るところから考えてみるのがいいでしょう!

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク