食欲が全くない…食欲不振に効く飲み物5選|食欲増進にはこれを飲もう!

暑さで食欲がわかない・・・仕事や家庭のトラブルで食べる気分になれない・・・夏バテ、度重なるストレスや疲労など、体が食べ物を受けつけず、食欲がない時ってありますよね。

そんな時、食欲を上げてくれる飲み物があったら嬉しいですよね^^

飲み物であれば、食べ物と違って無理に食べる必要がないですので、手軽に食欲不振の改善が図れます。

そこで、本記事では、食欲がない、食欲不振の方へ向けて、食欲増進効果が期待できる飲み物をまとめてご紹介したいと思います。

→まず、食欲不振が起きる理由について詳しく知りたい方はこちら

スポンサーリンク

食欲不振に効く!?食欲増進効果が期待できる飲み物とは

生姜紅茶

生姜は体を温めるイメージが強いかもしれませんが、実は、生姜には胃液の分泌を良くして消化器系を良くする働きがあり、食欲不振に効く食べ物なのです。

生姜自体を食べるのも良いですが、食欲不振のときは食べ物をあまり口にしたくないかと思います。

そこで登場するのが生姜紅茶。

紅茶には紅茶カテキンをはじめ、ビタミンB1、B2、ナイアシン、カルシウムといった豊富な栄養素が含まれており、そのどれもがストレスの解消や疲労回復と関わる成分です。

そして、その紅茶と生姜が組み合わさることで、食欲増進効果がより一層期待できます。

ペパーミントティー

ペパーミントの爽やかな香りには鎮静効果があり、精神的な緊張を和らげたり、イライラや不安を沈めてくれます。

それに加え、ペパーミントには、胃腸の消化活動の働きを高めて、食欲を増進させる力があります。

食欲を上げるために食事前に飲むのも良いですし、食後にスッキリとした味わいを楽しむのも良いでしょう。

トマトジュース

トマトにはカリウムをはじめ、様々な栄養が含まれており、トマト自体が食欲不振に効く食べ物です。

そして、そのトマトを液状にしたトマトジュースももちろん、食欲増進効果が期待でき、食欲不振の改善に役立ちます。

甘酒

日本の伝統的な飲み物の甘酒。もともと、甘酒は夏の栄養ドリンクとして江戸時代には夏の風物詩だったそうです。

それもそのはず、甘酒はビタミンB1、B2、乳酸菌などの栄養が豊富に含まれており、実は栄養価やカロリーが高い飲み物なのです。

食欲不振の時は、栄養不足、エネルギー不足になりがちなので、物は試しに飲んでみるのも良いかもしれません。

(アルコールが入っている場合、未成年の方は飲んではいけません)

炭酸水

食欲不振の人はもちろん、胃腸が弱い人、高齢者で食欲が落ちてしまった人におすすめなのが炭酸水。

炭酸水に含まれる炭酸ガス(二酸化炭素)が体内に入ることによって、胃を活発に働くようになります。

胃が活発に働くことによって脳の中枢神経が刺激されて、その結果食欲が沸くようになります。

飲む量の基準は、食前にコップ一杯(100~150ml)ほどの量です。

→食欲不振の改善に役立つ食べ物も知りたい方は、ぜひこちらも参考にしてみてください^^

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする