親の依存が重い…毒親は子供のストレス原因!?

「親の依存が重い・・・」

「親の依存が断ち切れない・・・」

「親から解放されたい!!」

親が自分の思い通りに子供を支配しようとして、子供に過度な干渉、時には暴力、虐待などで子供に悪影響を与える毒親。

そんな子供に深い依存をしている毒親は子供にとって、大きなストレス原因となる可能性があります。

今回は、子供への深い依存、過度な干渉がもたらす子供のストレスについて考えていきたいと思います。

それでは、最後までよろしくお願いします^^

スポンサーリンク

親の過度な干渉、深い依存は子供のストレス原因!?

子供のことが心配で心配でしょうがない・・・

そのような気持ちで子供へ干渉する親は少なくないと思います。

その気持ちは、ごく当たり前のことで、多少の干渉であれば、子供の大きなストレス原因になることは少ないと思います。

ただ、その干渉や依存が極端になっていくと、子供は親のことが重く感じるようになり、それが精神的負担となり、大きなストレス原因となる場合があります。

どこから過度な干渉、依存となるのかという線引きは置いといて、ここでは、なぜ子供は過度な依存が重く感じるようになるのかを考えていきたいと思います。

親の依存と義務感

親の依存が重いと感じている人の中で、親の依存に応えることが次第に義務になってはいないでしょうか。

義務感を感じる人の多くは、親に対する感謝の気持ち、優しい気持ちを持っております。

ただ、義務感とはあくまで「やらなければならない精神」であり、人にもよりますが、義務感が強ければ強いほど、精神的な負荷が大きくなり、ストレス原因となります。

深い依存関係

自分の人生において、心身の支えとなってきた親。

親の依存が重く感じる人は、

親の依存を断ち切りたいと思う反面、親を見捨てることもできないという2つの気持ちをお持ちかと思います。

親は子供にとって大切な人であると同時に、子供と深い依存関係を築きます。

依存関係は、深くなればなるほど断ち切ることが難しくなり、依存関係が深くなりすぎると、子供なくしては生きていけないような親もいるかと思います。

そして、ここまでくると、ある意味、依存症とも考えることができ、依存の対象となっている子供は、親の依存、干渉の元で生きていかなければならないこと、つまり、自分の人生ではなく、親の人生の中で生きていかなければならなくなります。

自分の人生を生きれないというのは、子供にとってはとても息苦しく、精神的負担も大きく、親の深い依存、過度な干渉がストレス原因となる可能性があります。

相手の人生を生きること

相手(親)の人生を生きるというのは、自分(子供)にとって楽しい人生なのでしょうか?

自分を育ててくれた親なのだから、その感謝の気持ちを忘れずに親のために生きるというのは悪いことではないと思います。

ただ、ほとんどの場合、

相手(親)の思い通りに生きる人生 ≠ 自分(子供)の思い通りに生きる人生

ではないでしょうか。

そして、

相手の思い通りに生きる人生

= 自分の思い通りに生きれない人生

≈ 自分を表現できない人生

とも言えるのではないでしょうか。

自分の人生を生きれていますか?

親の依存が重くて精神的に辛いと感じている人は、最近あった楽しかったことを思い浮かべてみてください・・・

楽しかったことは、親は関係なく、自分を表現できている状態ではないでしょうか。

自分を表現して、自分が楽しいと思うこと、やりたいことをやりたいようにする。

それには多大な苦労もあり、簡単にできることではないと思います。

ここで、親の依存が重いと感じる人で考えていただきたいことは、

自分の人生を生きることを諦めていませんか?

自分は、心から親から自立していると言えますか?

自分の思い通りにいかない人生を親の依存のせいにしてはいないでしょうか?

深い依存を断ち切るのには、大きなパワーが必要となります。

親の依存が重いと感じている中で、パワーを出して深い依存を断ち切る、緩やかにすることを諦めて、自分自身も親に依存してしまっている人はいないでしょうか。

また、自分自身も親に依存していることは、まだ精神的に親から自立していないとも言えます。

そして、もし、自分自身が自立していない、親に依存してしまっているのであれば、そこから考え直さなければいけないのではないでしょうか。

自分も親に依存してしまっている、自立できていないと感じる人は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

親子の関係は、深くて強いです。

深くて強いがゆえに、子供の心の支えであると同時に、子供の大きなストレスの原因にもなりえます。

親子の深い依存関係が素晴らしいという考えもあるでしょうが、個人的な見解としては深い依存関係は決して良いものではないと考えます。

最後に、親の深い依存を重く感じる人は、以下の2つを考えてみてください。

・自分が表現できる人生を生きていますか?

・自分の人生を諦め、親の人生を生きることに逃げていませんか?

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする