【保育業界に興味がある方へ】ベビーシッターの魅力とやりがい

働く女性が多くなり、なおかつ公的機関の保育園が不足している状況の中、これからも需要が増え続けると考えられるベビーシッター。

ベビーシッターは保護者の代わりに子供を預かりお世話をする仕事です。そのため、子供の安全を第一に考え仕事をしていかなければならなく、その仕事の責任は重いです。しかし、子供と触れ合い、成長の手助けができるため、子供好きな人にとってはもってこいの職業でもあります。また、その仕事にやりがいを感じている人やベビーシッターの仕事に魅力を感じている人も少なくはありません。

今回は、そのベビーシッターのやりがいと魅力についてまとめていきたいと思います。

・保育業界に興味を持っている人

・ベビーシッターの仕事に興味がある人

・ベビーシッターになりたいと考えている人

こういった方々は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ベビーシッターの4つの魅力とやりがい

女性の社会進出が進んでいる日本では、ベビーシッターの社会的役割は大きくなりつつあります。また、保育所・ベビールーム、ベビーシッター派遣会社、デパート・ホテル、独立開業などベビーシッターが活躍できるフィールドは様々あります。

これから一層求められるであろうベビーシッターではありますが、その仕事の魅力とやりがいとは一体何なのでしょうか・・・

子供とじっくりと触れ合えること

ベビーシッターの大きな魅力の1つは、子供と深く関われることではないでしょうか。

保育園や幼稚園の先生だと、集団保育となるため、子供一人一人をじっくり見るのは難しいです。

しかし、ベビーシッターであれば、一回の仕事で面倒を見る子供は1人または2人であり、子供と深く、じっくり関わることができます。そして、子供と深く向き合えることは、子供好きの人にとっては大きな魅力といえるでしょう。

もちろん、面倒を見る子供が1人、2人だからといって仕事が楽になるというわけではなく、それぞれの子供と深く関わりを持って、子供から頼られる、必要とされる存在となり、子供のお世話をしていかなければなりません。

子供の成長を見れること

ベビーシッターは、乳幼児から小学生までの年代の子供達のお世話をします。そのことから、ベビーシッターは、様々な成長段階の子供の成長を見ることができます。

また、仕事をしていく中で、子供達それぞれの個性にも触れることができ、「子供を見ると癒される!」「子供と一緒にいると元気がでる!」といった子供好きの方ほど、イキイキと楽しく働くことができるでしょう。

自分の都合に応じて働けること

ベビーシッターの中では、ベビーシッター派遣会社に登録して働いている人や短時間のアルバイトやパートとして働いている人が多くおります。それは、収入が安定していないというデメリットもありますが、自分の都合に応じて働けるという魅力もあります。

中には、家庭を持っている人で上手に両立をしている人もおり、自分の都合や予定に合わせた働き方ができるのはベビーシッターの魅力的なところといえるでしょう。

ママさん達の助けになれること

「自分と同じように子育てで苦労している人たちの役に立ちたい!」

このように考えてベビーシッターになる人も多いのではないでしょうか。

ベビーシッターでは、子供の笑顔を見れて嬉しいのはもちろんのこと、保護者であるママさんの喜んでいる姿を見れることも大きなやりがいへとつながります。また、保護者と深く信頼関係を築くことができ、次も指名された時はベビーシッターにとって嬉しい限りです。

このように、ベビーシッターは、誰かに必要とされる実感を味わうことができ、「働くママさんの力になりたい!」という思いを形にすることができる仕事であるといえるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、ベビーシッターの魅力とやりがいについてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

ベビーシッターの仕事は、保護者の代わりに子供の命を預かる責任ある仕事でもあり、決して楽な仕事ではありません。しかし、ベビーシッターは子供と深く関わりを持つことができるため、幼稚園、保育園教諭にはない魅力とやりがいがあります。

そして、子供からもらえる喜びや元気は何ものにも変えられないものであり、それが得られるベビーシッターの仕事は、「子供が大好き!」という方には魅力的な仕事といえるでしょう。

最後に、ベビーシッターの仕事について「もっと知りたい!」という方は、以下の記事も参考にして、ベビーシッターの理解度を深めてはいかがでしょうか^^

ベビーシッターの仕事で大変なことは?【仕事のストレス考察】
保護者の代わりに子供のお世話をするベビーシッター。 ベビーシッターは、女性の社会進出が進むにつれ、社会的役割も大きくなりつつある職業で...
↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする