学校事務職員は楽って本当!?学校事務の仕事のやりがいと魅力

皆さんは学校事務の仕事にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

「事務職だから楽そう」

「地味な仕事が多そう」

このようなイメージを持たれている方も少なからずおられるのではないでしょうか。

学校事務は一般事務とは異なり、学校の運営に関わる様々な業務を行います。

学校事務の仕事は、教師に比べると地味な仕事のように思えるかもしれませんが、教育現場を影から支える学校運営には欠かせない大切な仕事です。また、学校事務は多岐にわたる業務を行うので苦労や大変なこともあると同時に、やりがいや達成感が感じられる魅力的な職業です。

そこで、今回は学校事務の仕事のやりがいや魅力についてまとめていきたいと思います。

・事務職に興味がある人

・教育現場を影から支えたい人

・学校事務を目指している人

このような方々は、ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

学校事務の4つのやりがいと魅力

学校事務はは、教員とはまた別の角度から生徒たちの学校生活を支えていくことができ、学校運営において重要な役割を担っております。

学校の運営には欠かせない学校事務ではありますが、その仕事のやりがいや魅力とは一体どういったものがあるのでしょうか・・・

教育現場を影から支えられる喜び

学校事務は、子供達が長い時間過ごす学校の運営を影で支えていく仕事です。

学校事務では、会計業務、施設管理、教職員の給与管理、校務分掌、指導要録の作成など、学校で仕事内容が多少異なるものの、総務や財務から管財まで多岐にわたる業務を行います。

学校によっては学校事務が1〜2名しか配置されないところもあり、学校運営には欠かせない存在なので、学校長、教頭、教員から信頼を寄せられることも。そして、学校事務は忙しい時期や大変な面も多くありますが、「学校を支えたい!」という強い気持ちを持っている人にとっては、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

加えて、学校事務は、実際の教育現場の第一線で働く先生たちと共に働くため、先生たちから刺激を受けたり、教育の大切さに気付かされたりします。

コミュニケーション能力が磨かれること

学校事務の仕事では、生徒、保護者、教員たちと関わりながら仕事をします。

仕事の中で、生徒と教員、あるいは保護者と教員の板挾みにされ苦労することもありますが、そこからコミュニケーション能力が大きく磨かれることもあります。

生徒と保護者、そして教員たち関わりながら仕事進めれることは、コミュニケーション能力を学ぶ絶好の機会であり、学校事務の魅力でもあるといえるでしょう。

まとまった休みが取りやすいこと

学校事務は学校での仕事であるため、夏休み・冬休み・春休みなどの学校が休みの間にまとまった休暇を取得することができ、これは学校事務の大きな魅力となります。

ただ、その代わりに土曜日出勤になるところもあったり、就活シーズンや入学・卒業シーズンは忙しいため、残業が多くなる可能性があることも覚えておきましょう。

子供の成長も感じられること

学校事務職員の仕事では、教員のように授業や直接勉強、部活動の指導には関わりません。

事務室に来る時、学校行事などのイベントごとの時などに子供や保護者と関わり、その時に子供の成長ぶりを見て感じることができます。

そして、子供の成長を感じながら仕事できることは、「学校を支えていきたい!」と思っている学校事務職員にとっては嬉しいことではないでしょうか。

まとめ

今回は、学校事務の仕事のやりがいと魅力についてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

学校事務は、学校運営が円滑に進むよう、実際の教育現場を影から支えるやりがいが感じられる仕事です。

そして、学校事務職員の仕事は学校運営に関わることであるため、多岐にわたる業務をこなしていかなければならなく、苦労も多いことは確かですが、その仕事をこなした先に得られる達成感と喜びは学校事務の魅力です。

最後に、学校事務について「もっと知りたい!」という方は、以下の記事も参考にしてみて、学校事務の仕事に関する理解を深めていただければと思います^^

学校事務は楽?忙しい?学校事務の大変、つらい3つのこと
学校事務では、専門学校、短大、大学をはじめ、様々な種類の学校に勤務し、事務、管理、経営などの実務から学校経営、運営を行います。 ...
↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする