特別支援学校教諭の4つのやりがいと魅力|養護学校の教員は楽しい?

特別支援学校(養護学校)には、様々な困難を持つ子供達が通っています。

特別支援学校の教員は、普通校にはない苦労や大変なことも多くありますが、障がいや困難を持つ子供達の未来を創ることができる魅力ある仕事です。そのため、毎日学校を通うのを楽しみながら、仕事に喜びややりがいを感じている先生も多くおります。

そこで、今回は特別支援学校教諭のやりがいと魅力についてまとめていきたいと思います。

・障がい者教育・療育に興味を持っている人

・特別支援学校の教員を目指している人

このような方々は、ぜひ参考にしてみてください。

また、特別支援学校教諭の理解度を深めるためにも、以下の記事もぜひ、合わせてご覧ください^^

養護学校の教員は忙しい!?特別支援学校教員の大変なこととは
様々な困難や不自由を持つ子供が通っている特別支援学校(養護学校)。 特別支援学校の教員は、そういった子供達を支え、子供達の能力を引き出...
スポンサーリンク

特別支援学校教諭の4つのやりがいと魅力

近年、知的障がい児の数が年々増加傾向にあり、1つの特別支援学校には生徒が入りきらなくなってきていると言われております。そのため、特別支援学校の先生達の役割は大きく、その仕事のやりがいや魅力は多くあります。

果たして、特別支援学校教諭のやりがいと魅力とは一体何なのでしょうか・・・

子供の能力を引き出すこと

様々な困難を持っている学校に通う生徒達は、やがて大人になります。

大人になった時、障がいを持っているからといって、就職し自立した生活を送ることができない、結婚して子育てができないわけではありません。特別支援学校に通う生徒でも立派な生活を送ることができます。

そのため、子供が持っている能力を引き出し、将来、最大限に生かせるようにすることが、特別支援学校教員の仕事の大きな目的となります。

その目的を達成するための道筋には、困難なこと、難しいところも多いですが、その分やりがいも大きいです。

子供の能力を引き出すことは特別支援学校教員の大変なことであると同時に、大きなやりがいともいえます。

少人数のクラス編成で、子供に応じた指導が丁寧に行えること

普通の学校では、1クラス30~40人の生徒を受け持ち、子供一人ひとりをしっかり見れないこともありますが、特別支援学校では、少人数のクラス編成であるため、子供一人ひとりに丁寧な指導を行うことができます。そのため、それぞれの子供に応じて、指導方法を変えたり、工夫したりすることもできます。

子供としっかり向き合いながら、子供に応じた指導が丁寧に行えることは、教員にとっては魅力の1つになるのではないでしょうか。

部活動がなく、休みがしっかり取れること

普通校では、部活動により拘束時間が長くなったり、土日に休みが取れないことも多々あります。

反対に、特別支援学校で部活動のある学校は少なく、部活動がないところであれば、部活動がない分拘束時間が短く、休日もしっかり休みが取れます。また、夏休みや冬休み中は、小中学校に比べて休みが取りやすいです。

もちろん、休みを返上してでも部活動で子供達と触れ合いたいという人にとっては残念なことかもしれませんが、休みをしっかり取りたいという人にとっては大きな魅力といえるでしょう。

安定した収入を得ることができること

特別支援学校の教員は普通校にはない大変さ(糞尿処理など)があり、障がいに応じた特別な知識や勉強が必要となります。しかし、普通校に比べると拘束時間が短いところが多く、休みもしっかり取れ、そして、小中学校に比べて給料が高いです

そのため、特別支援学校の教員の中には、自分の給料に満足している人が多くおり、給与面・待遇面においては恵まれているといえるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、特別支援学校教諭のやりがいと魅力についてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

特別支援学校の教員は、普通校にはない苦労や大変さもある一方で、困難を抱えた子供達の未来を創ることができるやりがいのある仕事です。

そして、障がいを持つ子供達の能力を引き出し、最大限に生かしていくのは教員の力にすべてかかっていると言っても過言ではないでしょう。

特別支援学校教諭の仕事をもっと知りたい!理解度を深めたい!といった方は、以下の記事も、ぜひご覧ください◎

養護学校の教員は忙しい!?特別支援学校教員の大変なこととは
様々な困難や不自由を持つ子供が通っている特別支援学校(養護学校)。 特別支援学校の教員は、そういった子供達を支え、子供達の能力を引き出...
↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする