スクールカウンセラーの4つのやりがいと魅力|仕事の実態は?

スクールカウンセラーは、子供の快適な学校生活と人格形成の支援を行います。子供の精神的なケアは難しい部分もあり、苦労や大変なことも少なくないです。しかし、子供と向き合う仕事だけに、スクールカウンセラーにしかないやりがいや魅力もあります。

・カウンセラーの仕事に興味がある人

・スクールカウンセラーを目指している人

・スクールカウンセラーへの転身を考えている人

このような方々は、ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

スクールカウンセラーの魅力

子供の成長を支援できること

スクールカウンセラーは、カウンセリングを通して、子供の成長を支援することができます。

子供の心は繊細であるため、些細なことで傷ついたり、自信をなくしてしまうことがあります。友達とのちょっとしたケンカや両親との衝突などで、気持ちが塞ぎこむことも珍しくありません。

そんな時に、スクールカウンセラーが抱えている悩みをしっかりと受け止め、応援することで、子供達は自信や笑顔を取り戻すことができます。

始めは塞ぎこんで元気がなかった子供が、カウンセリングを通じて再び元気になり、前向きに学校生活を送れるようになることは、スクールカウンセラーにとっては嬉しいことです。

このように、子供の成長を影から支え、応援できることは、スクールカウンセラーの魅力といえるでしょう。

多くの子供との出会い

仕事を通じて、多くの子供と出会い、接する機会があることは、スクールカウンセラーの魅力の1つとなります。

教師だと担当しているクラスや部活の子供を中心に関わることになります。しかし、スクールカウンセラーの場合は、学年、部活問わず、あらゆる子供の相談に乗る機会があります。そして、相談に来る子供の性格や成長段階は様々であり、あらゆる子供と触れ合うことで多くのことを学べます。

スクールカウンセラーのやりがい

子供との信頼関係

スクールカウンセラーで大切なことは、子供と信頼関係を築くことができるかどうかです。

信頼関係を築けていない場合は、子供は心を開かず、正直な気持ちを話してくれません。反対に、子供との信頼関係を築けていていれば、誰にも打ち明けられなかったことを話してくれたり、自分の素直な気持ちを話してくれたり、教師では見れない子供の一面を見ることができます。

そして、子供と信頼関係を築き、自分は子供から頼られる存在である実感できることは、スクールカウンセラーの大きなやりがいとなります。

子供の命を守る責任感とやりがい

近年、家庭内のトラブル、学校生活のトラブルが原因の自殺が社会問題となっており、スクールカウンセラーは重要な役割を担っております。

そのことから、スクールカウンセラーの仕事は、子供の健やかな成長を支援する仕事であり、なおかつ子供の命を守る仕事でもあります。そのため、仕事には大きな責任が伴いますが、それだけに大きなやりがいを感じることもできます。

まとめ

今回は、スクールカウンセラーの仕事のやりがいと魅力についてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

スクールカウンセラーは、子供の健やかな成長を応援できるやりがいある魅力的な仕事です。

また、多くの子供たちとの出会いがあるため、子供好きな人にとっては魅力的な仕事といえるます。そして、正義感ある人や子供の気持ちに寄り添いたい人ほど、やりがいを感じながら仕事ができるでしょう。

■関連記事■

スクールカウンセラーの仕事についてもっと知りたい方は、仕事の理解を深めるために、以下の記事もぜひ参考にしてみてください^^

スクールカウンセラーの大変なこと3選!仕事のストレスって何?
子供が快適な学校生活を送るために必要な存在となるスクールカウンセラー。 スクールカウンセラーは、子供を陰ながら支援することで、子供の健...
↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする