飲食店はブラック!?飲食店の正社員のきつい・辛い6つのこと

皆さんは、飲食店スタッフの仕事にどのようなイメージを持たれていますでしょうか?

「飲食店は、アルバイトなら良いけど正社員はちょっと・・・」

「飲食店の正社員は何だか辛そう・・・」

「サービス業だから精神的にきつそう・・・」

このように、飲食店スタッフの仕事に対してあまり良いイメージを持っていない人も多くおられるのではないでしょうか。

また、飲食チェーン店スタッフの過労死といったような飲食店の不祥事のニュースや記事を見て、「飲食店=ブラック」といったイメージのお持の方もおられるかと思います。

あまり良い印象が持たれていない飲食店スタッフではありますが、一体、飲食店の仕事のどういったところが辛いのでしょうか・・・

そこで今回は、飲食店(正社員)の仕事の大変さ、辛い・キツイことについてまとめていきたいと思います。

それでは、最後までよろしくお願いします。

スポンサーリンク

長時間労働で不規則な生活になりがち!?

飲食店のキツイところの1つは、長時間労働であることです。

一般企業では、朝9時に出勤して17時、18時まで仕事をするところも多いかと思います。

しかし、飲食店では、朝の9時から夜の10時まで仕事、昼の12時から深夜の2時まで仕事といったような長時間労働のところもめずらしくありません。また、朝の9時から深夜の2時まで仕事をしている人もおり、長時間労働を余儀なくされている人もおります。

飲食店の社員の中には、1日15時間働いている社員もおり、月の労働時間が400時間を超える人もいるだとか・・・

飲食店の長時間労働により、心身ともに疲弊している方も少なくはないでしょう。

サービス残業が蔓延している!?

飲食店の中には、サービス残業が慢性化しているところもあります。

先ほど飲食店は長時間労働であると書きましたが、その労働時間の中にはサービス残業の時間も含まれております。

飲食店によっては、通常の社員であれば残業代が全額支給されるが、店長になると年俸制になって残業代が支給されなくなるといったところもあります。長時間労働の飲食業で残業代が支給されないとなると、サービス残業もその分増えていきます。

そして、そういった飲食店では「店長になりたくない」「店長にあえてならない」という方も多くおられるのではないでしょうか。

慣れない事務作業も少なくない!?

これをご覧の方の中には、飲食店のアルバイトを経験したことがある方も多くおられると思います。飲食店のアルバイトをしていた方の中には「飲食店の接客は楽しい」「料理を作るのが楽しい」と思っていた人もおられるのではないでしょうか。

しかし、飲食店の正社員として雇用されると、接客・料理以外の仕事もしなければならなく、その仕事の1つに事務作業があります。

例えば、決算報告書であったり、売り上げ改善報告書、クレーム処理に関する報告書など、お店によって事務作業の内容は異なりますが、様々な事務処理を行わなければなりません。

また、お店の営業時間中は事務作業ができないところでは、休憩中やお店の営業時間が終わってから事務作業に取り掛かり、深夜になってようやく仕事が終わる・・・といったことも。

精神的辛い面も多い!?

クレーマーへの対応

飲食店はサービス業なので、精神的辛いことも多くあります。

お客さんの中には、客という立場を利用して理不尽な要求や意味のわからない文句を言う人、つまりクレーマーと言われる人も少なからずおります。クレーマーへの対応は店長もしくは、社員の方が行なわなければなりません。そして、立場上、クレーマーに対して強く言うことができないため、心の中でクレームを耐えなければならない場面も多々あります。

クレームによる精神的な辛さは、飲食店スタッフの逃れられない宿命ともいえます。

お店の問題は店長の責任

アルバイトが接客で問題を起こした場合、料理に何か異物が入っていた場合など、お店で何か問題が起きると、店長もしくは、社員の人が責任を取らなければなりません。

特にアルバイトの人の中には、自分の仕事に責任を持っていない人もおり、そういった人達が起こした問題の責任は、すべて社員の方が被らなければなりません。

「飲食店はアルバイトならいいけど、社員にはなりたくない」といった考えの理由の1つとして、こういったような責任をかぶりたくないという思いもあるのではないでしょうか。

上司による圧力

体育会系色が強い飲食店では、上司による圧力も強いです。

上司によっては、お店の売り上げが悪いと怒鳴ったり、叱咤する人もおり、上司の圧力でメンタルにダメージを負っている人も少なくないでしょう。

どこの企業でも怖い上司はいるものですが、飲食業は体育会系色の強いところが多いため、上下関係が厳しかったり、怖い、厳しい気質の人が多いのではないでしょうか。

まとめ

今回は、飲食店(正社員)の大変さ、辛い・キツイことについてまとめましたが、何かの参考になりましたでしょうか。

飲食店スタッフは、サービス業だからこその楽しさや喜びもありますが、その仕事は肉体的に辛い面があるのはもちろんのこと、精神的にも辛い面があり、うつになりやすい職業とも言われております。

飲食店の正社員に興味がある、飲食店の社員になりたいと考えている方は、今回書いたことも踏まえて、飲食店スタッフの良い面と悪い面を考え、これからのことを検討してみてはいかがでしょうか。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする