ケアマネージャーの仕事の3つのやりがいと魅力、楽しいこと

お年寄りと介護保険サービスの架け橋となるケアマネージャー(介護支援専門員)。

ケアマネージャーの仕事は簡単には言うことができないほど多岐にわたり、仕事の苦労や大変なことも様々あります。その一方で、ケアマネージャーならではの仕事のやりがいや魅力もあり、ケアマネージャーの方の中には、毎日、充実感を感じながら仕事をしている人も少なくはないでしょう。

そこで、今回はそのケアマネージャーの仕事のやりがいと魅力、楽しいことについてまとめていきたいと思います。

・介護・福祉業界に興味がある人

・ケアマネージャーの資格取得を目指している人

・介護士からのキャリアアップを考えている人

このような方々は、ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

介護サービスを通じて、利用者を支えられること

ケアマネージャーは、介護を必要とする高齢者と介護サービスをつなぎ、利用者を支えられるやりがいと喜びがあります。

高齢者やその家族の中には、不安や心配、悩みを抱えている人もおり、ケアマネージャーは、そういった人の抱えている問題を解決に導くことができます。例えば、心身機能の弱った1人暮らしの高齢者の介護問題にケアマネージャーが介入することにより、状況が大きく変えることができ、それはやりがいへとつながります。

また、認知症、虐待、経済的事情などにより、解決が困難な問題を抱えている利用者の場合だと、様々な方法でケアプランを試行錯誤しながら作っていき、問題の解決へ導かなければなりません。そして、苦労しながらも困難な問題を自分の力で解決できた時は、大きな充実感とやりがいを感じます。

自分のペースで仕事をしやすいこと

ケアマネージャーの仕事では、医療、福祉施設などと連携しつつ、介護士、ホームヘルパーなどの他の職員とも相談をしながら仕事をすることになりますが、基本的には、自分で仕事のスケジュールを決め、自分のペースで仕事をすることができます。

また、毎月しなければならない業務、書類作成などは決まっており、自分の担当を処理できれば、自分の都合に合わせて休みを取れるところもあります。

ケアマネージャーの仕事は、責任が重い仕事ではありますが、自分のペースで仕事を進めやすいというのは大きな魅力といえるでしょう。

利用者と家族の笑顔が見れること

ケアマネージャーのやりがいを大きく感じる瞬間は、自分の介入によって利用者やその家族の生活が一変して喜んでもらえた時ではないでしょうか。

特に、はじめは不安や心配、悩みを抱えていた人が、自分が立てた最良のケアプランで介護サービスを利用し始め、笑顔が見られるようになることは何よりの喜びです。

ケアマネージャーの仕事では、自分の働きの結果が、利用者や家族の笑顔、あるいは感謝の言葉として戻ってくるので、それは大きなやりがいへとつながります。

まとめ

今回は、ケアマネージャーの仕事のやりがいや魅力についてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

ケアマネージャーの仕事は利用者の人生を左右する仕事でもあり、責任が重い分、やりがいを感じれる仕事です。

そして、超高齢化社会を迎える日本では、ケアマネージャーの必要性・重要性はますます高まっていくでしょう。

最後に、ケアマネージャーの仕事について「もっと知りたい!」という方は、仕事の理解を深めるために、以下の記事も、ぜひ参考にしてみてください。

ケアマネージャーの仕事は楽?大変?ケアマネのストレスになることとは一体!
介護保険制度の要となる業務を行うケアマネージャー。 ケアマネージャーは、介護サービス利用前の相談業務から介護サービス利用後のアフターケ...