ケースワーカーのやりがいと魅力5選|仕事の実情は?

ケースワーカーは、高齢、障がい、あるいは病気や貧窮など、様々な理由によって日常生活の問題や課題を抱えている人達の相談援助を行います。例えば、生活保護や児童虐待に関する対応は、ケースワーカーの代表的な仕事となります。

そして、ケースワーカーの仕事は、人の生き方に深く関われる仕事、立場の弱い人を助ける仕事でもあり、相談者の自立を支援することによって、社会へ貢献することができます。

果たして、その仕事のやりがいと魅力は一体何なのでしょうか・・・

スポンサーリンク

ケースワーカーのやりがい

幅広い知識で相談者を支援できること

地域住民が抱えている様々な相談を受けるケースワーカーには、生活保護法、児童福祉法など、福祉関連の法律や制度に関する幅広い知識が求められます。

幅広い知識をつけるのは大変なことではありますが、自分が学んだ知識や身につけたスキルで相談者を助けられた時は、「困っている人に役立っている」という実感とやりがいを感じることができます。

相談者との信頼関係

ケースワーカーの仕事では、相談者との信頼関係が大切となります。

面談に来たころは緊張をしていた相談者が面談を通じて何度も会話をすることによって徐々に自分を信頼してくれるようになると嬉しくなります。そして、次第に本音で語ってくれるようになったり、何気ない会話をしてくれるようになったりして、相談者とうまく信頼関係を築けた時は「自分を頼りにしてくれている」と実感することができ、達成感や充実感も味わえます。

ケースワーカーの魅力

様々な人との出会いと学び

ケースワーカーは、毎日多くの人と接します。

相談者との面談を通じて、様々な人生経験や苦労を学べ、自分自身の視野を広げることができます。高齢者の中には、何気ない会話の中で自分の歩んできた人生について語ってくれる人もいるとか。

このように、様々な人と出会い、その人達から多くのことを学べることは、ケースワーカーの魅力の1つといえるでしょう。

人の人生に深く関われること

「どのような経緯で困難な現状に至っているのか」「これまでどういった苦労を重ねてきたのか」といったように、ケースワーカーは相談者の人生と深く関わりながら援助をしていきます。また、多くの相談者と接することにより「人の尊厳」について考える機会もあり、そこから学びも得られます。

そして、人の人生に深く関われることは「人と接することが好き」という人にとっては大きな魅力となるでしょう。

安定して働けること

ケースワーカーは基本的に地方公務員の身分となり、公立の福祉施設などで勤務します。

そのため、社会的な信用度は高く、よほどのことがない限り、突然リストラされることもなく、安定性があります。

加えて、生活保護世帯は少しずつ増加傾向にあり、65歳以上の高齢者世帯が生活保護世帯の約半数を占めております。高齢化社会が進み続けている日本では、ケースワーカーの必要性がますます高まると考えられ、将来性のある仕事ともいえます。

まとめ

今回は、ケースワーカーのやりがいと魅力についてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

ケースワーカーは、人の生き方に深く関われる仕事、立場の弱い人を助ける仕事でもあり、社会貢献性の高い仕事であるといえます。

そして、「困っている人の力になりたい」という気持ちを持ち、「人と接することが好き」という人は、やりがいを感じながら仕事ができるでしょう。

■関連記事■

ケースワーカーの仕事について「もっと知りたい!」という方は、仕事の理解を深めるために、以下の記事もぜひ参考にしてみてください^^

ケースワーカーの仕事は楽?激務?ケースワーカーの大変さとは一体!?
身体または精神上の理由で日常生活における問題や課題を抱えている地域住民に対して相談援助業務を行うケースワーカー。 ケースワーカーとソー...

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする