ホームヘルパーのやりがいと魅力【介護業界に興味がある方へ】

在宅サービスが一般的になってきた現代では、ホームヘルパーの必要性が高まってきております。

ホームヘルパーの仕事では、日常生活が困難な高齢者や身体・精神に障害がある人に対してサポートを行います。ホームヘルパーは薄給激務とも言われており、仕事では苦労や大変なことも多くあります。

その一方で、困難を抱えた人達の身体的・精神的な支えなることができ、助けを必要としている人の力になれるやりがいや喜びも多くあります。

今回は、ホームヘルパーのやりがいや魅力、楽しいことについてまとめていきたいと思います。

・介護・福祉業界に興味がある人

・ホームヘルパーの仕事に興味がある人

・ヘルパーの資格取得を目指している人

このような方々は、ぜひ参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

ホームヘルパーの3つのやりがいと魅力

ホームヘルパーは、女性の社会進出、少子高齢化に伴い、社会的にも需要が高まりつつあります。また、最近では、「介護うつ」「介護ストレス」という言葉が出てくるほど、在宅介護で悩みを抱えている方は多く、ホームヘルパーはこれからも必要になってくると考えられます。

このように、必要性が高まってくるであろうホームヘルパーではありますが、その仕事のやりがいと魅力とは一体何なのでしょうか・・・

利用者の命を預かる責任

ホームヘルパーの仕事は責任重大です。

利用者には、高齢者や身体的に不自由な人、精神的に障害を持っている人など、様々な人がおり、ホームヘルパーは、そのような人達の日常生活を支えていかなければなりません。仕事のミスが利用者の大きなケガにつながることもあるため、ホームヘルパーの責任は大きいです。

利用者の命を預かっているという責任を持って仕事をすることは、精神的プレッシャーにもなると同時に、利用者の役立っているというやりがいにもなります。

利用者の身体的・精神的な支えになれること

ホームヘルパーは、トイレ介助、食事介助、入浴介助、掃除、調理、洗濯など、介助業務、家事の代行業務を行い、利用者の身体的な支えとなります。

また、利用者の中には、不自由な生活から不安や心配事を抱えこんでいる人も少なくなく、そういった利用者の精神的な支えにもならなければなりません。たとえば、孤独を感じている利用者の場合だと、利用者の話相手になることもあります。1人暮らしの利用者の方の中には、ホームヘルパーと話せることを心待ちしている人もいるとか。

このように利用者の身体的・精神的な支えになれることは、ホームヘルパーの仕事の大きなやりがいとなるでしょう。

利用者の喜ぶ姿を見れること

ホームヘルパーは利用者やその家族から感謝されることが多いです。

例えば、トイレ介助、食事介助、入浴介助をするたびに「ありがとう」と言われたり、利用者の話相手になってあげていると、利用者の顔から笑顔が見られると嬉しくなります。

また、利用者のご家族から「いつもありがとうございます」という言葉をもらうことで仕事へのやりがいを感じることも。

利用者やその家族から感謝されたり、利用者の笑顔を見れることは、日々の業務の励みとなり、大きなやりがいへとつながります。

まとめ

今回は、ホームヘルパーの仕事のやりがいと魅力についてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

ホームヘルパーの仕事では苦労や大変なこともありますが、その分、楽しいと感じることや魅力も多くある仕事です。そして、仕事のモチベーションの根底にあるものは、やはり、利用者の笑顔が見れることではないでしょうか。

ホームヘルパーについて「もっと知りたい!」という方は、以下の記事も参考にして、ぜひホームヘルパーの仕事の理解を深めてみてください^^

ホームヘルパーの仕事はきつい!?ヘルパーの大変・辛いこと
女性の社会進出、高齢化に伴い、社会的需要も高まりつつあるホームヘルパー。 ホームヘルパーの仕事は、高齢者や身体に何かしらの障害を抱えた人に...
↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする