涙活にだって負けてない!「笑活」をススメる5つの理由

少し前から涙を思いっきり流して心のデトックスを図る”涙活”が注目を浴びていますが、泣くだけだなく「笑う」ことで心をスッキリさせるのもイイとは思いませんか?

実際、「笑う」ことは「泣く」ことに負けず劣らず、体と心への健康効果が一杯あるのです。その効果の有効性は、科学的にも実証されており、治療の1つとして笑いが取り入れられるほど。

そこで提案したいのが「笑活」。

笑活とは言葉の通り、笑って心を健やかにする活動を指します。

たとえば、お笑いライブを見に行ったり、女子会で皆でたくさん笑ったり、バラエティーやコメディ映画を見ながら爆笑するのも、笑活に当てはまります。

本記事では、この「笑活」をススメる理由をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

笑活をススメる5つの理由

笑うだけでもストレス解消に!

笑うことで、「エンドルフィン」という脳内ホルモンが分泌されます。

エンドルフィンは脳内麻薬とも呼ばれており、痛みや不安を抑える鎮静作用や幸福感をもたらす言われてます。

笑いによってエンドルフィンが分泌されることで、精神的なストレスが緩和されて心が安定するのです。

笑って免疫力アップ↑↑

笑うことで、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化されます。

NK細胞は免疫力に関わる細胞であり、がん細胞や体内に入ってくるウイルスなどの体に悪影響を与える物質を退治してくれます。

つまり、笑ってNK細胞が活性化されるということは、体の免疫力の向上につながるということです。

笑うことでキレイになれる!?

笑いには心拍数を上げる作用があるので、血液の循環が良くなります。

血液の循環が良くなると、全身に酸素や栄養素も行き渡りやすくなるので、新陳代謝が活性化されて代謝が良くなったり、デトックス機能が高まることがあります。

また、笑って笑顔になることで表情筋が鍛えられて、顔の筋肉を引き締まります。それは、顔の脂肪を燃焼させることにもなり、顔のたるみの防止、顔のシワやシミの老化現象を抑制することにつながります。

笑うことで人生がポジティブな方向に向かいやすくなる!?

笑って笑顔でいることで、人生がポジティブな方向に向かいやすくなります。

たとえば、友達や恋人との関係、上司との関係が良好になったり、周りからの反応が良くなったりします。

実際、笑顔が無条件に印象が良くなるということは、科学的にも証明されており、面接や営業で笑顔を作るよう言われるのはそのためです。

まさに、「笑う門には福来たり」ですね^^

笑うことは泣くよりも簡単!?

涙を流すことでも、ストレスを解消したり、体や心をリラックスさせることができます。

しかし、いきなり泣こうと思っても、そう簡単に泣けませんよね。人によっては、泣こうと思っても泣けないという人もおられるのではないでしょうか。

その一方で、笑うことは、泣くよりも力を入れなくても良すし、たとえ心の底から笑えなくても作り笑いでも笑いの効果が得られるので、多くの人ができる健康法と言えるでしょう。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする