転職に伴うストレスでうつ病に!?中途入社の精神的負担について考えてみる

心機一転して、いざ転職した人の中で

「思っていたのとなんか違う・・・」

「前の会社の方が良かったかも・・・」

と感じる方がいるのではないかと思います。

転職したのはいいものの、前の会社よりも仕事がハードだったり、自分の描いていた業務内容と違ったりすると、転職したことを少し後悔してしまうことがあるのではないでしょうか。

転職というのは、新しい環境に身を置くことなので、それにはそれ相応のリスクやストレスがついてくることは覚悟しなければなりません。

しかし、転職を後悔しているに1つ考えて欲しいことがあります。

「本当に転職を後悔していますか??」

現在、転職後に感じているストレスや現実から目を背けるために、過去の会社を美化してしまってはいないでしょうか。

現在感じているストレスは、本気で後悔するほどの大きいものでしょうか・・・?

そこで今回は、転職後の人がストレスに感じることについて考えていきたいと思います!

スポンサーリンク

転職後、感じやすいストレス原因は何?

転職してから、ストレスを感じている人は多くいると思います。

先でも言いましたが、転職というのは、新しい環境へ身を置くことなので、それ相応のストレスは誰でも感じると思います。

それでは、どういったことに対してストレスを感じているのでしょうか・・・

・仕事の要領がつかめないこと

・人間関係がリセットされること

・周りの期待に応えようとすること

大きくこの3つがあるのではないでしょうか。

それでは1つ1つ考えていきたいと思います。

仕事の要領がつかめないこと

転職前の会社では、ある程度仕事の要領がつかめていて、自分の慣れたやり方で仕事をしていたかと思います。

しかし、それが一変して、全く別の仕事のやり方に変わると、初めは戸惑いながら、なかなか仕事が進められないこともあるのではないでしょうか。

なかなか仕事の要領がつかめず、イライラや焦りが生まれてくる人もいると思います。

ここで、イライラや焦りを感じている人に考えて欲しいことは、慣れたことの方がストレスを感じないのは当然のことで、慣れていないことに対してストレスを感じてしまうのも普通ということです。

慣れ親しんだことを捨てて、新しいことへ挑戦する時、始めは、慣れたことの方をやっていれば楽で良かったと思うかもしれませんが、次第に新しいことにも慣れてきて楽しくなってくることが多いにあります。

仕事にしても何にしても、新しいことへの挑戦というのは、始めは要領がつかめず、ストレスを感じてしまうのは自然なことなので、焦りや苛立ちは感じる必要はどこにあるのでしょうか・・・。

人間関係がリセットされること

転職をすることで、転職前の会社で積み上げてきた人間関係はリセットされ、また新たな人間関係を構築しなければなりません。

始めの方は、まだ転職したばかりなので、色々と気を使ったりすることもあり、気疲れする人も多いと思います。

気を使うことは、神経を使うこと、緊張することなので、それがストレスとして感じてしまうのは無理もありません。

新たな環境に身を置いたからには、人間関係を再構築をしなければならないので、始めは、ある程度ストレスを感じることは覚悟しておかなければならないと思います。

ただ、だんだんと人間関係を築けてくると、人間関係の構築で感じていたストレスは、次第に感じなくなる可能性が多いにあります。

周りの期待に応えようとすること

転職した後、

「会社に貢献できるようベストを尽くそう!」

「周りの人の負担にならないように頑張ろう!」

「使えない人と思われないように頑張らなくては!」

というように気合いを入れて仕事に取り組む人は多いとは思います。

特に、転職後は周りの人からの期待を感じている人は、それに応えようと必死に仕事に取り組もうとするのではないかと思います。

ただ、その周りからの期待が負担となり精神的なストレスを感じたり、精神的な負担を乗り越えようとオーバーワークを繰り返し、身体的なストレスを溜め込むこともあるので、気合いが入りすぎている人は少し注意が必要です。

転職後に感じるストレスは時間が解決してくれる!?

ここまで見てきたストレスの原因となっていることのほとんどは、慣れや時間が解決してくれる可能性があります。

例えば、仕事の要領がつかめないのは、慣れていないことをやっているのだから当然であり、仕事の要領がつかめ始めるとそのストレスは減少すると思います。また、人間関係も構築する際にはストレスがかかるかもしれませんが、ある程度、人間関係を築け始めると精神的負担も少なくなるのではないでしょうか。

ただ、注意が必要なのは、最後に取り上げた「周りの期待に応えようとすること」で溜まる精神的ストレスです。

これは、「完璧主義に近い人」「自責の意識が強い人」が感じやすいストレスであり、そういった人たちは、自分が気付かないうちにストレスを溜め込んで体を壊してしまうことが多いので、もし周りでそういう人がいれば、少し気にかけて、声をかけてあげたり、飲みに誘ってみてください^^

まとめ

転職後、ストレスを感じることは多く、「前の会社の方が良かったかも・・・」と考えてしまうことあると思います。

今回取り上げたこと以外にも、多くのストレスを感じている人もいると思います。

そういった方は、一度自分が感じているストレスを洗い出して、以下のことを考えてみてください。

「自分が現在感じているストレスは、時間や慣れが解決してくれる問題ではないのか?」

もし、そういったストレスが多いのであれば、転職を後悔するよりも、早く仕事に慣れるためにも、日々の業務を真剣に取り組むことが必要ではないでしょうか・・・。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする