夏の睡眠に最適な室内温度・湿度は?寝室環境を整えて快適な夏の夜を過ごそう!

「暑くてなかなか寝付けない・・・」

「暑くてよく眠れない・・・」

「暑くて何度も目が覚めてしまう」

夏の寝苦しい夜に悩まれている方も少なくはないと思います。

夏の暑い時期は、寝つきが悪かったり、眠りが浅かったりして、睡眠の質が低下してしまいます。また、夏は疲労が溜まる時期でもあるので、睡眠の質が低下してしまうと、生活全体に影響してしまいます。夏の暑さで疲労した体を睡眠でしっかり休めることができないと突然倒れてしまうことも・・・。

そうならないためにも、寝苦しくなる夏の夜では、室内温度と湿度が大切となってきます。

そこで、本記事では夏の睡眠において最適な室内温度・湿度について紹介したいと思います。

室内温度・湿度を整え、寝苦しい夏の夜を快適な夜へと変えていきましょう!

スポンサーリンク

夏の睡眠に最適な温度と湿度

夏の睡眠がが寝入りづらく、寝づらいことは、多くの方が経験していることだと思います。

実際、夏は四季の中で一番睡眠時間が短くなる季節という調査結果も出ており、夏は睡眠にとって強敵な季節であるといえます。

そして、その寝苦しい夏をどのように乗り切っていくかは、室内温度と湿度が大きなカギを握っております。

ここから、夏の睡眠に最適な温度と湿度について見ていきたいと思います。

温度

夏の寝苦しい夜を快適にする室内温度は、25〜28度が理想的だと言われております。

室内が暑すぎても寝苦しいですし、エアコンで寒すぎても体を冷やしすぎてしまい睡眠に悪い影響が出てしまいます。具体的には、室内が28度より高いと寝つきを悪くしてしまいますし、25度より低い温度でエアコンを一晩中つけっぱなしだと、体を冷やしすぎて体調を崩してしまう可能性があります。

なので、夏の睡眠に最適な室内温度は25〜28度になります。

睡眠時の最適な温度は多少個人差がありますので、必ずしも、25〜28度でないとぐっすり眠れないというわけではありませんので、自分に合った室内温度を見つけるようにすると良いでしょう。

また、寝苦しい夏を乗り切る方法として、扇風機を用いる方法もあります。扇風機の風は体に直接当てるのではなく、一回壁に当てて跳ね返ってきた風を足先からすねのあたりに当てるように調節すると良いと言われております。

湿度

夏は「蒸し暑い」という言葉があるように、高温・多湿です。夏の夜は湿度が高い上に、睡眠中の発汗によって室内の湿度がさらに上がります。

先ほど、最適な室温は25〜28度と書きましたが、いくら最適な室温に調節したとしても、寝苦しい時もあります。そういった場合は、室内の湿度が高い可能性があります。

湿度が高くなると、睡眠中にかいた汗が蒸発せず、深部体温を効果的に下げることができなくなります。その結果、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりと、睡眠の質が低下してしまいます。

そのため、夏の夜は室内温度だけでなく湿度も大切となり、夏の寝苦しい夜を快適にする室内湿度は、50〜60%あたりと言われております。

なので、温度があまり高くなく、湿度が高い日などは、冷房よりもドライで室内の湿度を調節した方が、快適に寝ることができます。

寝汗には重要な役割がある!

寝ている間に汗をかくのはなぜでしょうか?

答えは「体温を下げる」ためです。

発汗をすることによって、その気化熱で体温が0.5〜1度下がります。人は体温(厳密には深部体温)が低下するにつれて眠たくなるので、寝汗で深部体温が下がると眠りやすい体温を維持することができます。

このことから、寝汗は快適な睡眠に重要な役割を果たしているということです。

なので、発汗を極端に抑えてしまうと、反対に睡眠に悪影響を及ぼす可能性があります。

夏の寝苦しさは温度よりも湿度が原因かも!?

ここまで、夏の睡眠に最適な温度と湿度や寝汗の役割を見てきましたが、実は夏の寝苦しさは、温度よりも湿度が原因である場合が多いようです。

湿度が高すぎると、寝ている時にかいた汗が蒸発しにくいため、深部体温が下がりにくくなり、寝つきが悪くなります。

また、高い湿度の中、仮に入眠できたとしても、寝返りがひんぱんに起こったり、寝苦しくなって、夜中に目が覚めてしまうこともあります。

このことから、夏の高い湿度は、睡眠の質に大きな影響を与えているといえます。

まとめ

本記事では、夏の睡眠において最適な室内温度・湿度について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

寝苦しい夏を乗り越えるためには、室内温度・湿度が大切であり、温度は25〜28度、湿度は50〜60%にすると良いです。

一見、室内温度の方に目が行きがちですが、室内の湿度も重要であり、湿度が寝苦しさの大きな原因になっている可能性があります。

なので、室内温度・湿度ともにしっかりと調節しながら快適な夏の夜を過ごしましょう!

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする