新しい家に引っ越してから寝れない…そんな時の改善法6選

「新しい家に引っ越してから寝れない・・・」

就職、転職、転勤、同棲などのイベントを機に引っ越しをして、新生活が始まってから眠れない夜が続くようになったという方もおられるのではないでしょうか。

新しい環境に身を置くと、無意識的に不安や緊張などのストレスを感じやすく、夜眠れなくなってしまうことがあります。

せっかく新しい家に引っ越して楽しい新生活が始まるというのに夜寝れなくてストレスが溜まるというのは嫌ですよね^^;

そこで、本記事では新しい家やアパートに引っ越して寝れない時の改善法についてご紹介します。

スポンサーリンク

引っ越してから寝れなくなるのはなぜ?

不眠症の入眠障害、中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害の4種類がありますが、引っ越して寝れなくなった時は主に寝つきが悪くなる入眠障害が起きるのではないかと思います。

引っ越しをしてから寝れなくなる大きな理由は、環境の変化ではないかと思います。

たとえば、学生の時は実家暮らしをしていた人が、就職を機に引っ越しをして一人暮らしをすることになった場合、炊事、洗濯などの家事は全部自分一人でやらなければならなくなり、仕事から疲れてきて帰ってきてからも一人きりの生活に変化します。

このように、今まで慣れていた生活スタイルが変化すると体がついていけず、自分の意識とは無関係にストレスが溜まってしまい、そのストレスによって寝れなくなっている可能性があります

また、引っ越し先の雰囲気が今までとガラリと変わった場合にも無意識にストレスを感じてしまうことがあります。たとえば、周囲が静かなところに住んでいた人が周囲が騒がしいところに引っ越すとストレスを感じますよね。そして、逆のパターンも同じことが言えます。

自分が暮らす環境の変化というのはワクワクする反面、そういった無意識にストレスを溜めてしまうことがあり、それが寝れない夜へとつながっているわけですね。

新しい家に引っ越して寝れない時の改善法6選

さて、ここから新しい家に引っ越してから寝れない夜に悩んでいる人に試してほしい改善法をご紹介します。

改善法といっても、どれもお金をかけることなく、簡単にできる方法なので、ピンときたものがあれば気軽に試してみてください^^

夕方から夜にかけて運動をする

夕方から夜にかけて運動をすることによって、「日中になったら体温が上がって、夜になると体温が下がる」という体温リズムをスムーズにすることができ、夜寝る時にスッと眠りにつきやすくなります。

また、適度な運動によって体を疲れさせることによって、体が睡眠を求めて寝つきが良くなります。

具体的に睡眠に運動が効果的な理由やどういった運動が良いのか?運動時間は?ということを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください^^

睡眠と運動の関係|寝つきが悪い、眠りが浅い原因は運動不足!?
寝つきが悪い、眠りが浅いなどの不眠の症状に悩まれれている方も多くおられると思います。 不眠症上を改善するには生活習慣の見直しが大切とな...
睡眠に効果的な運動とNGな運動習慣|運動で不眠を改善しよう!
体を動かすと、深く眠ることができるイメージはないでしょうか。 実際、運動をすることにより、寝つきが良くなったり、眠りが深くなっ...
【不眠に悩む方へ】睡眠の質が高められる運動時間と時間帯とは!?
睡眠の質を高める方法の1つとして、「運動」が挙げられます。 運動をすることによって、寝つきが良くなったり、眠りが深くなったりと、不眠の...

就寝2〜3時間前までに入浴をする

これは、スッと眠りに入るにはおすすめの方法です。

ユニットバスや一人暮らしの方は、シャワーでお風呂を済ませる方も多いかと思いますが、眠れない時は入浴する方が入眠には効果的。

その理由は、入浴をすることで体の芯から温めることができ、温まった体温は2〜3時間もすればだんだんと下がってきて、だんだんと眠たくなってきます(※)。

※人は体温が下がるにつれて、眠たくなります。

なので、就寝の2〜3時間前のタイミングで入浴をするとスムーズな入眠を得られることがあります。

具体的な入浴時間やお湯の温度などについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考ください^^

【寝つきが悪いあなたへ】寝つきが良くなるお風呂の入り方とは?
ストレス社会の現代において、寝つきが悪くてなかなか眠れない・・・といった悩みを持つ人も多くおられるのではないでしょうか。 「時間がない...

寝る前にストレッチをする

不安や心配事があると眠れない時ってありませんか?

寝つきを良くする、眠りを深くするための条件の1つに、寝る前にリラックス状態を作るという条件があります。

寝る前にリラックス状態を作る方法の1つにストレッチがあります。ストレッチは、凝り固まった筋肉をほぐして、血行を良くする効果があるのに加えて、自律神経の副交感神経を優位に働かせるリラックス効果もあります。

寝る前のストレッチはベッドに寝転がりながら、手軽にできるリラックス法なのでおすすめです。

寝る前のストレッチの効果について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください^^

寝る前のストレッチが睡眠に効果的な理由とは|ストレッチで快眠・安眠を手に入れよう!
寝る前にストレッチをすると睡眠の質が上がると聞いたことがある人もおられるのではないでしょうか。 実際、ストレッチはダイエット効果、老化...
寝る前のストレッチがもたらす5つの健康効果|ストレッチで疲れた体を癒そう!
「最近、肩こりと腰痛がひどくて・・・」 「仕事が不安で仕方ない・・・」 ストレス社会の影響から、体や心が疲れ果てている人も多くお...

寝る前にリラックスできる音楽を聴く

寝る前に音楽を聴くことでも、心をリラックスさせることができます。

最近では、リラクゼーション音楽やヒーリング音楽なども多く出回っており、そういった音楽を活用すると効果的です。

睡眠に効果的な音楽を詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

寝る時に聞く音楽は大切!睡眠に効果的な音楽ってどんな曲?
「寝る時に音楽を聴くと良い」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 確かに、音楽を聴くことで気持ちが落ち着いてリラッ...

アロマを利用する

アロマには、精神を安定させる効果、つまりリラクゼーション効果が期待できます。

特に、安眠効果の高い「ラベンダー」の香りや「クラリセージ」「ベルガモット」などの香りがおすすめ。

アロマには眠りの妨げになる香りもあるので、アロマの香りを選ぶ際には注意しましょう。

快眠アプリを利用する

最近では、人がリラッックスして気持ちを落ち着かせることができる音楽や光などを発してくれる快眠アプリも多く出回っております。

たとえば、川のせせらぎや雨の音などの自然を流してくれるアプリや暖かい色味のやわらかい光を発して安心感やリラックス効果をもたらすアプリなどがあります。

アプリは無料のものもありますし、有料のアプリでも数百円と手軽に買えるので、気軽に試してみると良いかもしれません^^

まとめ

本記事では、新しい家に引っ越してから寝れない時の改善法をご紹介しましたが、ピンときた方法はありましたでしょうか。

せっかくの引っ越しで寝れない日々を過ごすというのは、テンションが下がりますし、不眠症というのは精神的に辛いことだと思います。

今回ご紹介した方法はどれもお金をかけることなく、手軽にできる方法なので、ぜひ今日、明日からでも気軽に試してみてください^^

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする