【頭が揺れる、ふわふわする方へ】ただの寝不足?それとも病気?

「頭がふわふわする・・・」

「頭がぐらぐらする・・・」

「頭が小刻みに揺れて気持ち悪い・・・」

こういった症状が現れた時、不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。

一時的なものであれば、あまり気にかけないという人の方が多いかもしれませんが、長期的にこのような症状が続くと、「もしかしたら、何かの病気かも?」と考えられる人もおられるかと思います。

そこで本記事では、頭が小刻みに揺れる、フワフワ、ぐらぐらする症状と関係する病気やそのような症状が出た時に行く診療科についてご紹介します。

スポンサーリンク

どういった症状が体に現れていますか?

人によって、出てきている症状の数や種類、症状の重さは異なると思います。

まず、自身がどういった症状が現れているか確認してみましょう。

頭が気刻みに揺れる

頭が小刻みに揺れる女性

自分で意識せず、頭が小刻みに揺れるような感覚を覚えてはいないでしょうか?

例えば、

仕事中、座っていている時、頭が小刻みに揺れる感覚がある・・・

人との会話中、頭が細かく揺れてしまう・・・

始めは地震かと思って周りを見てみたら、自分が揺れているだけだった・・・

といったような経験はされている方は、この症状の対象となります。

そして、この症状は、動揺性めまいである可能性があります。

頭がぐらぐらする

頭がぐらぐら揺れる女性

仕事中や家事・子育てをしている最中に、頭がぐらぐら揺れる時がある人も少なくはないと思います。

ぐらぐらを感じる強さは、人によって異なりますが、

・頭がぐらぐらして、急に意識が飛んで倒れこみそうになる

・頭がぐらぐらするのに加え、頭痛も出てきた

・頭がぐらぐらするのに加え、吐き気やめまいも出てきた

という症状が出てき始めている方は、体が心配になってきているのではないかと思います。

この症状は、頭が小刻みに揺れる感じと同様に、動揺性めまいである可能性があります。

頭がふわふわする

頭がフワフワ揺れる女性

頭がぐらぐらするのと同様に、頭がふわふわ揺れる感覚を経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

このふわふわ揺れる症状が現れている人は、頭が小刻みに揺れるのと同様に、浮動性めまいである可能性があります。

一時的に少しふわふわするだけであれば「体調が悪いだけかな?」とあまり気にかけない人もおられるかもしれません。

しかし、この症状が現れている人の中には、自分の体が浮くような感覚であったり、現実感がなくなってくるなど、ふわふわという表現では収まらないような感覚を覚える人も少なからずおられるかと思います。

そして、こういった症状が出てきている方がだんだんと自分の体が心配になってくるのは無理もないことでしょう。

頭が揺れる症状(めまい)と関係する病気

3つの症状を見てきましたが、あなたはどの症状に当てはまったでしょうか?

続いて、これらの症状とめまいの関係についてです。

頭が小刻みに揺れたり、頭がぐらぐらするといった症状に当てはまった方は動揺性めまいである可能性があると書きましたが、この動揺性めまいに関係する病気として以下のものが挙げられます。

■頭が小刻みに揺れる、ぐらぐらする(動揺性めまい)に関係する病気

・脳梗塞
・脳腫瘍
・小脳や脳幹の出血
・聴神経腫瘍
・一過性脳虚血発作

次に、頭がふわふわ揺れる症状に当てはまった方は、浮動性めまいである可能性があると書きましたが、この浮動性めまいに関係する病気として以下のものが挙げられます。

■頭がふわふわ揺れる(浮動性めまい)に関係する病気

・脳腫瘍、メニエール病
・突発性難聴などの耳の病気
・自律神経失調症
・更年期障害
・生活習慣病

特に、頭がフワフワする浮動性めまいは、睡眠不足や生活習慣の乱れなどが原因で起きる場合もあり、一般的な人でも起きやすい症状であると言えます。

また、動揺性めまいや浮動性めまいが症状として現れる病気にについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせてご参考下さい。

脳の病気の前兆!?めまいの種類と症状について調べてみた
前回は、頭が小刻みに揺れたり、ふわふわする、ぐらぐらするといった症状について考えていきました。そして、それらの症状がある種のめまいであるとい...

続いて、頭が揺れる症状が現れた際、まず始めに訪れる病院の診療科についてご紹介します。

まずは神経内科へ!

頭が揺れる症状を診察する医者

頭が揺れる症状が深刻化してきて、あまりに自分の体のことが心配という方の中には、

「病院に行きたいけど、どこの科に行けばいいの?」

というように、そもそもどの科を受診すれば良いかわからない方もおられるのではないかと思います。

そういった方は、体の調節を行う中枢でもある脳に関わっているかもしれませんので、まずは神経内科へ行ってはいかがでしょうか。

ただ、注意が必要なのは、精神的ストレスで耐え切れないと感じている人、ストレスに弱い体質、性格の人などは、ストレスが体に影響を及ぼしている可能性があるため、神経内科で脳のカルテを見ても何も異常がないといったこともあります。

そういった場合、

「自分は、症状でこんなに苦しんでいるのに、何もないわけがない!」

という風に考え、他の病院や科に行って、異常がないか何度も確認するといった行動を取りがちです。しかし、どこに行っても脳に何も異常が見られないという診断をされるケースもなくはありません。そして、それまで支払った診察費、検査費は戻ってきません。

自分の体が心配で、何度も確認するのは良いことかもしれませんが、ある程度、区切りをつけて、次のような科に行ってみてはいかがでしょうか?

次は精神科、心療内科へ?

頭が揺れる症状を医師に話す女性

精神科、心療内科と聞いて、抵抗を覚えた方もおられるかと思います。

中には、精神科に対して偏見を持っている方もおられるのではないでしょうか。

以前までは「精神科」という名前ではありましたが、メンタルヘルスという言葉が世の中に広まったこと、メンタルヘルスが世間の人にとって身近になったことから、最近では「メンタルヘルス科」という名前に変わった病院もあります。

ただ、いくらメンタルヘルス科という名前に変わったとはいえ、

・周りにメンタルヘルス科にかかっているとは言いづらい。

・周りからメンタルが弱い人に見られることが嫌だ。

・薬漬けにされそうで怖い。

・そもそも精神科医が信用できない。

という風に、メンタルヘルス科に行くことへの抵抗が拭えないという方もおられると思います。そして、そういった方のお気持ちも十分に理解はできます。

しかし、脳に異常がない、身体自体には異常が見られないとなると、次に心に異常があるのではないかと考えることは自然なことではないでしょうか。

私自身、実際、心療内科に行く機会があり、そこで想像以上に多くの人(患者さん)がいる光景を目の当たりしました。そして、その光景は今でも忘れられません。

今や心療内科、メンタルヘルス科にかかるというのは、恥ずかしいことではなく、多くの人が必要としている科でもあります。もちろん、薬による治療をなるべくしないような病院もありますし、薬による治療をするかどうかの選択は、自分で決めることができます。

なので、神経内科や他の科に行って、何も異常が見られない場合は、思い切って、メンタルヘルス科や心療内科に行くというのも1つの手ではないでしょうか。

頭が揺れる症状以外に、こんな症状が現れていませんか?

頭が揺れる症状が現れていて、仮に心の病が関わっている場合、以下のような症状が現れている可能性があります。病院に行くかどうか迷っている方は、診察を受ける前に自分の身体の状態をチェックしてみると良いかもしれません。

◆頭が揺れる以外の症状①

「理由もなく、突然涙が止まらなくなる」

→原因を知りたい方はこちらをご参考下さい。

◆頭が揺れる以外の症状②

「自分の身体が自分のものでないような感覚がある」

→原因を知りたい方はこちらをご覧ください。

◆頭が揺れる以外の症状③

「仕事中、家事・子育て最中に、目がかすむ、頭がぼーっとする」

→原因を知りたい方はこちらをご覧ください。

◆頭が揺れる以外の症状④

「イライラと不安で気が狂いそうになる」

→原因を知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

今回、頭が揺れたり、ふわふわする感覚の原因について考えてきました。

また、症状が心配な方は、どういった科に行けば良いのかについても、少し触れましたがいかがだったでしょうか。

必ずしも病院に行くことが正しい選択とは限りません。少し休養を取れば、直る可能性もあると思います。

ただ、自分で色々な対策をしても、症状が収まらず心配で仕方がないという方は、病院に行ってみるのも1つの選択ではないかと思います。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする