仕事と転職活動の両立による心理的ストレスは何?転職活動の精神的負担について

前回に引き続き、仕事と転職活動を両立している際のストレスについて考えてみたいと思います。

今回は、仕事と転職活動の並行して行う際に精神的負担となる要因やモチベーション低下につながる要因について見ていきたいと思います。

現在、転職活動がうまくいってなくて、精神状態もあまり良くない方は、本記事を参考にしながら、今自分の精神的負担になっていることについて考えていただけると幸いです^^

それでは、最後までよろしくお願いします^^

スポンサーリンク

仕事と転職活動の両立に伴う、精神的負担となることは何?

在職中に転職活動していると、だんだんモチベーションが低下していく方は多くいらっしゃると思います。

まず、転職活動をを行なっいて、精神的負担となる要因は何かについて考えてみましょう・・・。

私は以下の要因が精神的負担になっているのではないかと思います。

・転職先が決まらないこと

・仕事と転職活動がともに中途半端になること

・会社に内緒にしていること

転職先が決まらないこと

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、転職先が中々決まらないというのは、モチベーションの低下に大きくつながってきます。

会社を辞める気で始めた転職活動、いざやってみると中々転職先が決まらない・・・

という方は、少なくはないのでしょうか。

内定はもらえているけど、自分の求めているものとは少し違うという理由で、転職活動を続けている方もおられると思います。

そうして、なかなか転職先が決まらず、転職活動の期間が延びることにより、次第に焦りと不安や諦めの気持ちが出てきて、精神的負荷が大きくなってはいないでしょうか。

仕事と転職活動がともに中途半端になること

現職は辞めるつもりだから、仕事を少し手を抜いて、転職活動に力を入れよう!

そういう気持ちで始めた転職活動だったが、なかなか転職先が決まらず、次第にモチベーションも低下していき、転職活動にも力を入れなくなっていく・・・なんてことはないでしょうか。

それは、仕事と転職活動が両方とも中途半端な状態であり、1つのことが集中してできなくなってしまっている状態でもあります。

複数のことが中途半端というのは、軸となる芯がなくグラグラした状態であり、精神的に負担がかかることです。

加えて、自分の将来につながるイベントである転職活動、仕事となると、より精神的に負担がかかるのではないでしょうか。

なので、仕事と転職が中途半端になることは、精神的負荷につながることである考えられます。

会社に内緒にしていること

仕事と並行して転職活動を行っている方の中で、会社にあらかじめ言ってから転職活動を行っている方は一体どれくらいいるのでしょうか・・・?

おそらくほとんどの方は、会社に内緒にして転職活動を行っていると思います。

転職活動では、応募企業の都合で面接が平日の業務時間中にしか調整ができない時があります。

そういった時、会社に内緒にしていると、会社に適当な理由を言って時間給をもらったり、休んだりしなければなりません。

また、人によっては、外回り中などの時に、こっそりと面接に行ったりしているのではないでしょうか。

会社に内緒にしていると、そういった余計なことにも神経を使わなければなりません。

そして、会社に内緒にしていて、意外に精神的に負荷がかかることは、

「転職活動について内緒にしながら、会社の人との会話をすること」

ではないでしょうか。

会社の人とどんな会話をする時も、転職活動のことを隠さないといけないので、余計なことを言ってしまわないように、色々と気を使いながら話をしなければなりません。

特に会社で頻繁に人と話す場合は、それだけ気を使うことになり、それは同時に人によってはとても窮屈なことであり、精神的な負担は軽くはないと思います。

なので、少しでも身軽にするために、多少リスクはありますが、上司の人や信頼のできる先輩、同期に打ち明けるのも1つの考え方なのかもしれません。

まとめ

今回は、仕事と並行して転職活動を行う際に、精神的負担となることについて考えました。

仕事と並行して転職活動はとても大変なことなので、今回取り上げたこと以外にも多くの精神的負担はあると思います。

精神的負担がかかっている状態だと、モチベーションの低下にもつながりますので、今、転職活動と仕事の両方がうまくいっていない方は、今回取り上げた内容も踏まえて、精神的負担になっていることを洗い出して、それらの改善策や今後の方針について検討してみてはいかがでしょうか。

↓クリックよろしくお願いします^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする